94psのディーゼルを追加 フォルクスワーゲンTクロス1.6 TDIに試乗

2019.10.03

サマリー

選択に悩むほど車種が増えたクロスオーバーSUVですが、TクロスのTDIの完成度には高い訴求力を備えているとする英国編集部。質実的なディーゼルエンジンを搭載したグレードを、英国の道で評価しました。

もくじ

上位ユニットとして1.6Lディーゼルを追加
良好な乗り心地と太いトルクを楽しむ
優れた洗練性でライバルと差をつける
フォルクスワーゲンTクロス1.6 TDI SEのスペック

上位ユニットとして1.6Lディーゼルを追加

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

フォルクスワーゲン製のTクロス程度のモデルにとって、5年ほど前ならディーゼルエンジンは定番の選択肢だった。しかし今は明らかに違う。逆風の中にあるといっていい。

そんな向かい風にも負けず、フォルクスワーゲンはTクロスに94psの1.6Lディーゼルエンジンを搭載した1.6 TDIを追加した。フォルクスワーゲンのラインナップの中では最も小さなクロスオーバーで、人気が高まっているモデルだ。

フォルクスワーゲンTクロス1.6 TDI SE
フォルクスワーゲンTクロス1.6 TDI SE

1.6 TDIはTクロスの中では最も価格の高いエンジンとなるが、WLTPテストによる二酸化炭素排出量は最も低い、1kmの走行当たり140gに留まるところがポイント。

加えて最高出力は1.0 TSIが搭載する3気筒エンジンと同じながら、トルクはディーゼルエンジンらしく太い。17.8kg-mに対し、25.3kg-mを1500rpmという低い回転数から発生する。家族を数名乗せていても、活発に走ることだろう。

英国の場合、トランスミッションは5速マニュアルが標準装備となる。1500ポンド(20万円)のオプションとして、7速デュアルクラッチAT(DSG)も選択できる。

走り出してみると、印象的なまでにエンジンは静か。走行中に回転数が高まったときだけでなく、アイドリング時でもディーゼルエンジンらしい音は聞こえない。心地よく、控えめな中音域のエンジンノイズが聞こえてくる程度。

 
最新試乗記

人気記事