高性能7シーターSUV メルセデスAMG GLB 35に試乗 306ps ライバル不在

公開 : 2019.12.02 09:50  更新 : 2019.12.02 14:33

車重が重くボディが大きいA35

それ以外の車内は基本的に標準のGLBと同一。少々窮屈とはいえ、実用性の高い7名分のシートが用意されている。もちろんインテリアの仕上りも高水準。プラスティックが用いられているのは、足元など傷が付きやすい部分のみで、プレミアムな雰囲気には水をささない。

GLB 35をスタートさせてみる。誤解を恐れず要約すると、車重が重く、ボディの大きいA35のような印象だ。

メルセデスAMG GLB 35
メルセデスAMG GLB 35

ストレートでの加速はかなり速いが、グリップ力も高く安定性にも優れている。スピードの出し過ぎには要注意。ただし、特に個性が強いとか、一体感を感じられるものではない。

たくましいエンジンと4輪駆動の優れたトラクション、高いドライビング・ポジションと比較的コンパクトなボディの組み合わせだから、道を選ばずハイペースで走らせられる。

エンジンのフィーリングは、A35と同様に興奮を誘うものではないが、効果的にパワフル。低回転域からトルクは潤沢で、レッドゾーンめがけて高まる盛り上がりは欠けるが、加速は容赦ない。

車重はA35より重たいものの、0-100km/h加速は5.2秒で遅くない。回転は滑らかだがマフラーからは迫力の唸り声を響かせ、時折混ざるぐずり音と合わせて、スポーツ・マインドを刺激してくれる。

デュアルクラッチATは鋭くクルマを発信させ、変速もスムーズ。ステアリングホイールにマウントされたシフトパドルの反応も小気味いい。トラクションの掛かりは印象的なまでに良く、乾燥路面ならホイールスピンする気配すらない。

ゆるいぎないパワーとトラクション

メルセデスAMG GLB 35をコーナーの連続する区間へ持ち込むと、標準のGBLよりもステアリングが重いことを実感する。コンフォートモードでも姿勢制御はタイトで、ピッチもロールも抑制が効いている。

グリップ力は強いうえに、トルクベクタリング機能がドライバーの狙ったライン通りに、GLBの鼻先を向け続けてくれる。確かにA35と比較すると、急な方向転換などでは少し反応が遅いこともあるが、GLBは意外なほどに俊敏に動く。

メルセデスAMG GLB 35
メルセデスAMG GLB 35

ブレーキの力強さも運転する自信を高めてくれる。制動力は漸進的に立ち上がり、強力にディスクを抑え込む。起伏の大きいルートやサーキットでは、車重を隠しきれない場面はあるだろう。

限界領域の80%位のところで、積極的な運転を楽しむのが適しているクルマだ。A35とは異なり、純粋にドライビングを楽しめるマシンではない。車高は高く、車重は重く、ボディは大きすぎる。クルマから伝わる情報量も少なく、操縦性の奥行きも深いわけではない。

だとしても、ひたすらハイスピードで道路を走らせることはできる。高い目線による開けた視界、ゆるいぎないパワーとトラクションで、客観的な意見など忘れさせてくれる。

乗り心地に関しては、引き締められたサスペンションのおかげでやや硬め。ホイールが大きいから鋭い衝撃は車内に届き、路面が荒れているとロードノイズも小さくない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事