【予期せぬ成功?】日産スカイラインにみる 「インフィニティ」ブランド日本上陸の可能性

公開 : 2020.04.05 05:50

「スカイラインは終わった」不評から大好評へ

「スカイラインは、もう終わった」

2001年に登場した第11世代(V35)に、日本の自動車メディアは極めて厳しいコメントを連発した。

日産スカイライン・セダン350GT-8(2005年)
日産スカイライン・セダン350GT-8(2005年)

スカイラインは80年代末から、R32、R33、R34へと順調な進化を見せていた。ベストカーやCARトップなど、日本の自動車雑誌は毎号のように、GT-Rを軸足として次期スカイラインのスクープ記事を掲載していた。

ところが、スカイラインはGT-Rと分離されたモデルとして、1999年東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル「XVL」をベースに量産化された。

日本で不評のV35だったが、アメリカにインフィニティG35として渡ると事態は大きく変わった。

「BMWのような華麗な走り」といった切り口で、米自動車メディアが絶賛。G35はアメリカで大ブレイクした。

当時、筆者は北米日産本部からG35広報車を借り、ロサンゼルス周辺で他社モデルとの比較試乗などを頻繁におこなった。

また、インフィニティ・ディーラー経営者や、G35ユーザーのインタビューも定常的にしていた。

その中では「Z(ジィ―)と同様に、レースで鍛えられた日産FR(フロントエンジン・リア駆動)のヘリテージ(歴史)を感じる」といったポジティブな意見が多数を占めた。

G35の登場によって、日産のインフィニティ戦略が大きく前進。いま振り返ると、G35はインフィニティの分岐点だった。

 

人気記事