【なぜゴールド?】アルファード/ヴェルファイア特別仕様車 トヨタはずばり「人気だから」

公開 : 2020.04.23 11:50  更新 : 2021.01.28 17:22

トヨタは、またもアルファードとヴェルファイアにゴールド仕様を設定しました。各モデルにはゴールドの取り入れ方に違いがあります。過去モデルにも設定されており、理由は単純。トヨタは「人気だから」といいます。

もくじ

アル/ヴェルのゴールド仕様「人気」
ゴールド=最上級の証 各車に違い

アル/ヴェルのゴールド仕様「人気」

text:Kenji Momota(桃田健史)

トヨタは、またもアルファードとヴェルファイアにゴールド仕様を設定した。

アルファードでは、S「TYPE GOLD」。ヴェルファイアにはZ「GOLDEN EYES」という特別仕様を5月1日に発売する。

トヨタ・S「TYPE GOLD」(上)とトヨタ・ヴェルファイアZ「GOLDEN EYES」(下)
トヨタ・S「TYPE GOLD」(上)とトヨタ・ヴェルファイアZ「GOLDEN EYES」(下)

この2台、ゴールドを名乗るもゴールドの採用箇所が違う。

アルファードでは、フロントエンブレムがゴールド。エンブレムが目立つよう、フロントグリルにはスモークメッキと黒メタリック塗装を施す。

一方、ヴェルファイアはヘッドランプをゴールドに加飾。ヘッドライトが目立つよう、フロントグリルを漆黒メッキを施す。

いわゆる「オラオラ顔」と呼ばれるフロントマスクが、さらにゴージャスになるということだろう。

その他にも、バンパーモールや車体後部の各種ガーニッシュなど、ゴールド仕様に相応しい高級なアクセント。

インテリアでは、ルーフとピラーにブランクを採用するなど、ゴールド仕様を際立たせている。

さらに三眼LEDヘッドランプなど機能性を考慮した機器も特別装備となる。

それにしても、ここまで押し出し感を強くした特別仕様車を、どうして販売するのだろうか?

理由について、トヨタ広報部に尋ねてみた。

ゴールド=最上級の証 各車に違い

答えは単純明快。「このようなゴールドをあしらったデザインは人気があり、前モデルの特別仕様車から取り入れている」とのことだ。

確かに、アルファード、ヴェルファイアの歴史を紐解くと、ゴールド仕様が採用されている。

トヨタ・ヴェルファイアZ「Aエディション・GOLDEN EYES」のヘッドライト。
トヨタ・ヴェルファイアZ「Aエディション・GOLDEN EYES」のヘッドライト。

2012年には、アルファード240S/350S「type GOLD」と、ヴェルファイア2.4Z/3.5Z「Golden Eyes」が登場している。

ただし、アルファードではフロントグリルとバックドアガーニッシュをスモークメッキ仕様にしてるが、エンブレムはゴールドではない。

インテリアの加飾も、最新のゴールド仕様よりはかなり大人しい。

2016年登場の特別仕様車になると、アルファードはS「AパッケージTYPE BLACK」と、名称にゴールドの記載はないが、フロントエンブレムはゴールドを採用。

ヴェルファイアはZ「AエディションGOLDEN EYES」として、ヘッドライトのゴールド化が引き継がれている。

このように、アルファード・ヴェルファイアのゴールド仕様は、あくまでもトップグレードの中での最上級を表現するための、わかりやすいキーワードだといえる。

トヨタグループ全体としての上級ブランドであるレクサスとは一線を課する、いかにもミニバン文化発祥の地である日本ならではの趣向である。

市場での需要があるからこそ、継続して設定される。至極当然のことだと思える。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事