【なぜ?】トヨタ・ヤリス・クロスとハリアー、話題性に大差 「ねらい」に大きな違い

公開 : 2020.05.01 05:50  更新 : 2021.02.02 10:28

ヤリス・クロス 「クロス」の意味

ヤリス・クロスの「クロス」とは、クロスオーバーを指す。

クロスオーバーに定義はなく、一般ユーザーが持つイメージは「クーペっぽいSUV」だ。

トヨタGRヤリス(白)/トヨタ・ヤリス(赤)/トヨタ・ヤリス・クロス(金)
トヨタGRヤリス(白)/トヨタ・ヤリス(赤)/トヨタ・ヤリス・クロス(金)

90年代にアメリカで高まったSUVブームの中で、多モデル化の一環としてクロスオーバーモデルが日米欧韓メーカーから続々と出現した。

そうしたアメリカ市場向けクロスオーバーは、ピックアップトラックなどのラダーフレームではなく、セダン乗用車のプラットフォームを共有化した。

ただし、デザインはセダン乗用車とは全く違うイメージとなる。

一方、欧州系のクロスオーバーは、B/Cセグメントなどの小型車の車高や最低地上高を上げたようなデザインを用いるケースが目立つ。

つまり、欧州のユーザーにとってのクロスオーバーは、大衆向けB/Cセグメントモデルの派生車であることを実感することがブランドへの信頼と安心感が増すのだと思う。

その筆頭が、ミニ・クロスオーバー(欧州名:カントリーマン)。正直なところ、筆者(桃田健史)は2008年のパリモーターショーで実車の見た際、「BMWはここまでMINIブランドを徹底的に変えてしまうのか……。これを市場が本当に受け入れるのか?」と疑念を持った。

だが、2019年に長期間、テスト試乗して改めて、欧州クロスオーバーの価値を実感している。

では、日本でヤリス・クロスは売れるのか?

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事