【3列シート・ミニバン】トヨタ・シエナ新型、ハイブリッド車に 外観/内装を刷新 北米モデル

2020.05.19

サマリー

北米トヨタが、3列シート7人乗りミニバンの「シエナ新型」を発表。RAV4と同じ、TNGA-Kプラットフォームのモデルです。今回が4代目で、ハイブリッド車となりました。2列目は65cmもスライドします。

もくじ

4代目トヨタ・シエナとは
新型シエナ 内装
新型シエナ パワートレイン/装備

4代目トヨタ・シエナとは

北米トヨタは、ミニバン「トヨタ・シエナ」の新型を発表した。アメリカ市場に4代目として導入される。

これまで北米で販売されていた従来型は内燃エンジン車のみ。3サイズは全長×全幅×全高が5095×1984×1790mmというもので、3.5L V6(300ps/36.4kg-m)を積んでいた。

新型トヨタ・シエナの上位グレード「リミテッド」の外観。
新型トヨタ・シエナの上位グレード「リミテッド」の外観。

この大柄なミニバンが、新世代型ではハイブリッド車に生まれ変わった。新型のボディ・サイズは、現在のところ明らかになっていない。

技術的には、RAV4、カムリと同じTNGA-Kプラットフォームを採用したミニバンという点が注目だ。

北米開発・北米生産となる4代目の外観は、SUVのような力強いテイストを与えられている。

フロントフェイスについては、「日本のアイコニック特急列車である新幹線」に着想を得たという。

新型シエナ 内装

新型シエナの内装は、「ブリッジ・コンソール」という造形が、ミニバンとして新しい車内空間を生み出している。

これは、前席乗員の間に高く構えるブリッジで、インパネとアームレストをエレガントに繋ぐもの。

新型トヨタ・シエナの最上級グレード「プラチナム」の内装。
新型トヨタ・シエナの最上級グレード「プラチナム」の内装。

ドライバーにとっては、シフトレバー/スイッチ類の操作を自然な姿勢で行えるのがメリット。カップホルダー、ワイヤレス充電、小物入れなども装備されている。

インパネは、大型のセンタータッチ・ディスプレイを中央に配し、全体的には水平基調でクリーンにまとめられている。

また、「スーパーロング・スライド」を謳う2列目キャプテンシートのスライド量は635mmという長さに。これまでにないレッグルームを確保したほか、オットマンを上位グレードには装備し、寛ぎの空間を提供する。

シエナは3列シート車で、7人乗りと8人乗りを用意するが、このスーパーロング・スライド機構は7人乗りのみに設定される。

新型シエナ パワートレイン/装備

パワートレインは、トヨタ・ハイブリッド・システムII(THS II)を全車が選択。エンジンは2.5L 直4が選ばれ、システム出力は243hpを発揮する。

北米トヨタの測定値では燃費は33MPG(14km/L)と発表された。

新型トヨタ・シエナのスポーティ・グレード「XSE」のシート。
新型トヨタ・シエナのスポーティ・グレード「XSE」のシート。

ドライブモードは、EV、ノーマル、エコ、スポーツを用意。スポーツ・モードでは、ハイブリッド・システムのブーストにより加速時の反応を高めている。

駆動方式は、2WDとAWDを用意。後者は、エレクトリック・オンデマンド式で、前100:後0~前20:後80という範囲で、状況に応じて動力配分が変更される。

ミニバンとあって装備は充実し、ハンズフリー・テールゲート、ハンズフリー・スライドドア、ステアリング・ヒーター、デジタル・リアビュー・ミラー、ヘッドアップ・ディスプレイを選択することができる。

また、従来型でも人気のあったオンボード・バキューム(車載掃除機)も用意された。

なお北米トヨタは、ハイブリッド車ではプリウス、RAV4、カローラ、カムリ、アバロン、ハイランダー、そして同時発表されたヴェンザなどをラインナップしている。

 

人気記事