【詳細データテスト】 ランドローバー・ディフェンダー オン/オフ共に無敵 高コストだがクラスベスト

公開 : 2020.05.23 10:20

内装 ★★★★★★★★★☆

ランドローバーは、ラグジュアリーさとユーティリティを両立したインテリアを目指したように思える。簡単な仕事ではないが、その目論見はみごとに身を結んでいる。

ボディカラーやトルクスボルトが剥き出しの箇所があり、ダッシュボードには面積の広いパネルやグリップハンドルが据え付けられる。メーターパネルは小ぶりだ。こうした要素のすべてが、元祖ディフェンダーを彷彿させる。それでいて、質感やフィニッシュ、フィッティングは、旧型とは違うものだ。

先代ディフェンダーを連想させる要素がふんだんに盛り込まれたインテリア。だが、マテリアルの質感や仕上げ、組み付け精度は大きく向上した。
先代ディフェンダーを連想させる要素がふんだんに盛り込まれたインテリア。だが、マテリアルの質感や仕上げ、組み付け精度は大きく向上した。

豪華さという点では、レンジローバーやディスカバリーほどではなく、アウディQ7やボルボXC90といった競合するSUVにも及ばない。それでも、マテリアルのチョイスはジープ・ラングラーやトヨタ・ランドクルーザー(プラドの欧州仕様)よりは上。しかも、必要十分という以上の広さと開放感を味わえる。

それはそうだろう。ミラー込みで2105mmという全幅はなかなかワイドで、フロントシートの中央に補助席を据え付けることもできるほど。これはせいぜい子ども用といったサイズで、たたまれている時間のほうが長くなるだろうが、その場合はとても広いセンターコンソールとして機能する。

ドライビングポジションは立ち気味で身体に合わせやすく、大きなステアリングホイールの向こうの見晴らしはファンタスティック。ボンネットの前端まで視界に入る。大面積のウインドウと大きなドアミラーにより、側方視界も上々。ただし、後方視界はテールゲートにやや遮られ気味だ。

後席の空間も、前席と同じく広い。シートは大きく、ヘッドルームもレッグルームも十分すぎるほどある。その背後にある荷室は、上ヒンジのテールゲートより開口面積が小さいものの、積載スペースは大容量。テスト車には未装着だったが、3列目シートを2座追加することも可能だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事