【既存ユーザーへ望ましい進化】ホンダ・フィット e:HEVハイブリッドへ英国試乗

公開 : 2020.06.13 10:20

コンパクトカーとしてのコアを磨き込んだホンダ・フィット。4代目へとモデルチェンジされ、新しいツインモーターのハイブリッドを獲得しています。英国編集部が英国仕様のホンダ・フィット、ジャズを評価しました。

もくじ

英国ではハイブリッドのみとなった4代目
好印象なステアリング感やインテリア
フィット・ユーザーにとって望ましい進化
フィット・ユーザーにとって望ましい進化
ホンダ・ジャズ(フィット)1.5 i-MMDハイブリッド(英国仕様)のスペック

英国ではハイブリッドのみとなった4代目

text:Mark Tisshaw(マーク・ティショー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ここ数ヶ月の間に、英国でも生活様式は大きく様変わりした。だが、ホンダ・ジャズ(フィット)は、以前と変わらないようで安心した。

日本と同様に、英国でも新型がリリース。3代目にかわって、新しい4代目の発売が始まっている。英国のフィット・ユーザーは、モデルチェンジしてもしっかりフィットらしさが残っていることを、喜んでいるようだ。

ホンダ・ジャズ(フィット)1.5 i-MMDハイブリッド(英国仕様)
ホンダ・ジャズ(フィット)1.5 i-MMDハイブリッド(英国仕様)

見た目も、クルマの内容を表しているように思う。先代同様、広々とした車内を実現していることは明らか。安全性も高く、扱いやすいピープルムーバーでもある。すべての人が、大きな変化を好むわけではない。

もちろん、新型へとモデルチェンジしたことで、変化は得ている。そこにあるのは、価値を高めるという考え方のようだ。

新しいフィットには快適なシートを装備。運転席からの視認性が良くなっている点も見逃せない。英国ではハイブリッドのみのラインナップとなったことも、大きいだろう。

1.5Lのガソリンエンジンに、2基のモーターとCVTをドッキング。前輪を駆動するセットアップだ。ハンドリングを向上させるため、ボディ剛性は高められている。

ボディの見た目は、眺めるほどに先代との違いに気付くと思うが、インテリアデザインは新鮮味がある。特に水平貴重のダッシュボードは、新しい純EVのホンダeから影響を受けていることは明らか。

好印象なステアリング感やインテリア

車内はとても整ったデザインで、スッキリとまとまっている。主要な操作系は適切にレイアウトされており、手に届きやすい位置にある。

ダッシュボード中央のインフォテインメント・システムは、タッチモニターを採用。便利なショートカット・ボタンが残されているのが良い。

ホンダ・ジャズ(フィット)1.5 i-MMDハイブリッド(英国仕様)
ホンダ・ジャズ(フィット)1.5 i-MMDハイブリッド(英国仕様)

ホンダ・フィットらしく、広々とした車内の開放感はとても印象的。グラスエリアは広く、Aピラーも設計が見直された。斜め前方の視界向上に大きく貢献している。

新しいシートは、運転席に数時間座っていても、お尻や背中が痛くなることがなくなった。クルマとしての価値が、要所要所で高められている。

一方で、乗り心地はさほど良くなっていない。低速域では安定性に乏しい。高速域では見違えて優れた姿勢制御を示すから、対照的とさえいえる。フィットのオーナーは、多くの時間を速度域の低い市街地での運転に費やすはずだから、少し残念だ。

走行性能について、ホンダはドライバーを惹きつける、という言葉を用いているようだが、筆者は予測のしやすさや直感的という表現の方が合っているように感じた。英国のドライバーの多くが、興味を持つ部分だと思う。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事