【高額な研究開発費】ポルシェ 自然吸気エンジン搭載の911カレラは「現実的ではない」

公開 : 2020.06.16 17:50  更新 : 2020.06.16 20:34

ポルシェが、自然吸気エンジンを搭載したモデルを復活させたことから、ターボフリー911の投入が期待されていますが、スポーツカー部門責任者は、開発費が高額になることから、カレラへの採用はないと話しています。

ターボレス911カレラの可能性

text:AUTOCAR UK編集部

自然吸気エンジンを搭載した718ボクスターと718ケイマンが最近復帰したが、ポルシェのスポーツカー部門責任者であるフランク・ステフェン・ウォライザーは、ターボレスの911カレラの投入はないと述べている。

ウォライザーは、新しい911タルガの発表前にAUTOCARに対し、ケイマンGT4とボクスタースパイダーに搭載され、ケイマン用に調整中の、ポルシェの新しい4.0Lエンジンのカレラへの採用は「現実的ではない」と述べている。

ポルシェ・ケイマンGT4
ポルシェ・ケイマンGT4

911のリアに搭載するためには、180度回転させなければならず、投資がかかることを理由に挙げている。

GT以外の形で911に搭載する可能性について尋ねられたとき、ウォライザーは「否定はしませんが、可能性は低いでしょう」

「そのようなカレラ用のエンジンが欲しいとは思いますが、研究開発費が高すぎて現実的ではありません」と述べている。

ハイブリッド911は、重量管理が最大の課題

ターボチャージャーなしのエンジンは、今後数か月以内に発表が予定されている、次世代911 GT3で再び登場する。

GT部門のボスであるアンドレアス・プレウニンガーは、AUTOCARに対し「GTカーにおけるわたし達の哲学は、自然吸気です」と述べている。

ポルシェ・718ボクスターGTS4.0
ポルシェ・718ボクスターGTS4.0

ウォライザーは、992世代のライフサイクル後半に予定されているハイブリッド911について、解決しなければならない、いくつかの技術的ハードルがあり、特に電動パワートレイン・コンポーネント追加による、重量増加の管理が「最大の課題」だと、語っている。

また、スペースも大きな課題と述べ、「比較的小さいクルマなので、すべてを詰め込む必要があります」

「911のストーリーを構成する、2+2レイアウト、構造、スタイリングは妥協したくありません」と付け加えた。

優れたパワーおよび燃費と、妥協点との最良のバランスで実現する「投資収益率」は、ハイブリッド911構築における焦点となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像

×