【360°撮影】ケンウッド・ドライブレコーダーDRV-C750とは? 幅寄せ/車内トラブル対応 別売りリア・カメラも

公開 : 2020.07.22 17:50  更新 : 2020.07.23 23:01

360°撮影できるドラレコが、KENWOODから初登場。前方・後方の危険運転に加えて、左右からの幅寄せも収録します。駐車監視機能を装備するうえ、後方用セカンド・カメラもオプションで用意しました。

もくじ

前後のあおり運転+左右からの幅寄せ
駐車監視 最長24時間
別売りリア・カメラ「CMOS-DR750」とは

前後のあおり運転+左右からの幅寄せ

日本のドライブレコーダー市場を、鮮やかな映像と高い品質で牽引してきたJVCケンウッドが、新しいカテゴリーの製品を発表した。

近年注目が高まっている360°撮影に対応した新モデル、ドライブレコーダー「DRV-C750」である。8月下旬より発売するという。

ケンウッドが8月下旬に発売する360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」。
ケンウッドが8月下旬に発売する360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」。

本機は1つのカメラで、前方・後方・左・右はもちろん、車室内の録画に対応。前・後方のあおり運転だけではなく、並走車による左右からの幅寄せ、車内におけるトラブルも録画する発想である。

今回の発表の背景には、6月に改正道路交通法が施行され、これまで明確な定義がなかったあおり運転が、「妨害運転」として規定されたことも関連している。

新たに罰則が創設され、万が一のトラブルを録画するドライブレコーダーが、身を守る装備として改めて注目されているのだ。

市場では、前・後2カメラ式の人気が高いが、あおり運転にもさまざまなケースがあることから、360°対応カメラの要望が多く寄せられたと同社は説明する。

駐車監視 最長24時間

DRV-C750では、先行車の急ブレーキや、後方からの追突に加えて、並走車による側面からの幅寄せといったあおり運転にも対応。さらに、垂直方向は240°まで録画。車室内で起こったトラブルまで、広い範囲の録画を可能とする。

録画機能は、常時録画、手動録画、イベント記録、駐車監視録画に対応。また、前後、左右、上下の3軸「Gセンサー」、高感度「GPS」や測位衛星受信回路も搭載した。

前方・後方・左・右はもちろん、車室内の録画に対応。別売りのリア・カメラもオプションで用意されている。
前方・後方・左・右はもちろん、車室内の録画に対応。別売りのリア・カメラもオプションで用意されている。

録画モードは、360°録画が可能なパノラマモードに加え、前・後2分割録画、前後・左右4分割録画、さらに前後左右を俯瞰するラウンド-モードの4種類を用意する。

レンズは、F1.8レンズを採用し、夜間・トンネルなどの暗いシーンも高画質で収録。「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」も搭載し、トンネルの出入り口など明暗差の大きなシーンでも安定した映像を残すことができる。

また、最長24時間の駐車監視タイマー録画機能を搭載。駐車中の状況を長時間にわたって、前後左右、360°の広範囲で見守る。

具体的には、車載電源ケーブル「CA-DR350」(別売)を使用することで、駐車中の衝撃や、動体を検知し、検知前の5秒間と検知後の15秒間の計20秒間を録画するというものだ。

別売りリア・カメラ「CMOS-DR750」とは

「360°カメラでは、後方の映像が不安」という方には、後方撮影用リア・カメラ「CMOS-DR750」(同時発売、別売りオプション)も用意された。

これは、後続車の動きなど後方映像をさらに鮮明に撮影するセカンド・カメラで、DRV-C750と組み合わせて取り付けることができる。

360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」と、別売りのリア・カメラ「CMOS-DR750」。
360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」と、別売りのリア・カメラ「CMOS-DR750」。

なお、リア・カメラ使用時は、リア・カメラの映像を重畳して表示することも可能。

360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-C750」はオープン価格。想定価格は、税込み4万円前後となっている。

なお、別売りのリア・カメラ「CMOS-DR750」もオープン価格で、こちらは想定価格税込みが1万円前後だ。

 

人気記事