【特許画像リーク】フォルクスワーゲン・ティグアンX 新型クーペSUV 今年後半発表 中国

公開 : 2020.07.28 05:50

今年後半に中国で発表予定の、VWティグアンXの画像がリークされました。高い人気を誇るティグアンのクーペバージョンは、最上位で223psを発揮する、2.0L 4気筒エンジンを搭載することが予想されています。

もくじ

新しいティグアンX
2.0L 4気筒エンジンを搭載か

新しいティグアンX

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)

今年後半に中国で発表予定の、フォルクスワーゲン・ティグアンXの画像が、ソーシャルメディアで発見された。

このSUVのクーペ・バージョンの画像は、中国の特許事務所からリークされたとの情報が入っている。

フォルクスワーゲン・ティグアンX リーク画像
フォルクスワーゲン・ティグアンX リーク画像

この画像からは、標準モデルと比べ、より傾斜が急なルーフ、改良されたリアボディのデザイン、ランボルギーニ風のテールライトが確認できる。

これは、中国で展開されているSUV「フォルクスワーゲン・タイロン」の派生車種として投入されるタイロンXに続くモデルとなる。

ティグアンXは、まず中国市場限定で発売されるが、その後グローバルで提供される可能性もある。

タイロンXと同様、ティグアンXは、FAWとフォルクスワーゲンの合弁会社が生産する予定となっており、VWのアジア市場戦略の重要な部分をになっている。

SAICを含むVWのさまざまなパートナーシップは、2017年に中国で320万台の自動車を販売し、13%以上の市場シェアを獲得している。

2.0L 4気筒エンジンを搭載か

フロントは、ほとんど変更されておらず、サイドのアウトラインの多くも、現行ティグアンから引き継がれている。

一方、リアには多くの変更が加えられており、新しいブレーキライトとフェイクのエグゾーストを備えた、幅広のバンパーが追加されている。

フォルクスワーゲン・ティグアンX リーク画像
フォルクスワーゲン・ティグアンX リーク画像

発売間近のアウディQ5スポーツバックおよびタイロンXと同様の、傾斜したクーペのようなルーフラインとなっていることから、標準ティグアンのような7シートの設定はなく、リアのスペースも少くなると予想されている。

パワートレインの詳細は明らかにされていないが、リークされた情報によると、ティグアンXは、189psおよび223psを発揮するターボチャージャー付き2.0L 4気筒エンジンで提供されるとのことだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事