アウディRS7スポーツバック4.0TFSIクアトロ

公開 : 2013.10.31 23:00  更新 : 2017.05.29 18:18

■どんなクルマ?

アウディRS7スポーツバックは、レンシュポルトを表すハイ・パフォーマンス・モデルであるRSラインへ追加された1台である。

アウディは、様々なボディ・スタイルとパワートレーンの組み合わせたモデルをラインナップしている。そのため、単独のモデルが突出してセールスを伸ばしているというよりは、すべてのモデルがそれぞれに売れているといった印象だ。英国では4番目のセールスをマークしているメーカーでありながら、モデル別にみるとトップ10に1台もアウディの名前が見られないのは、そういった理由からである。

このRS7スポーツバックは、A7スポーツバックのボディに、RS6にも搭載されている4.0ℓV8ツインターボ・ユニットを搭載し、8速オートマティック・トランスミッションと、クワトロ・ドライブ・システムを与えたモデルだ。

その4.0ℓV8ツインターボ・ユニットは非常に優秀なエンジンで、空冷・液冷のインタークーラーと、ダイレクト・フューエル・インジェクションが装備され552bhpと71.3kg-mのパワー、トルクを持つ。このユニットはシリンダー・オン・デマンド・システムを備え、必要のない時にはV4として動作するというもの。これはRS7が、10.2km/ℓの燃費と、229g/kmのCO2排出量をマークするのを手助けしている。

パフォーマンスは0-100km/h加速が3.9秒。最高速度は通常は250km/hで制限されるが、オプションを選択することによって304km/hにまで伸びる。その0-100km/h加速は、BMW M6グランクーペ、ポルシェ・パナメーラ・ターボ、メルセデス・ベンツCLS63 AMGといったライバルよりも速いタイムであるにもかかわらず燃費にも優れている。

トルク・ベクタリング、電子制御クラッチ・タイプのリア・リミテッド・スリップ・デフを含むスタビリティ・システムと、8速のオートマティック・トランスミッションが組み合わせられ、そのパワーはクワトロ・システムによって4輪にデリバリーされる。

ステアリングは電気機械式のアシストを持ち、ハイ・パフォーマンス・ブレーキと、調整式のエア・サスペンションが装備される。

標準で装備されるのは、RSボディ・キット、20インチ・アロイホイール、ドライブ・セレクト・システム、ヒーテッド・シート、フルLEDヘッドランプ、ヘッドアップ・ディスプレイ、衛星ナビゲーション、メディア・システム、Bose14スピーカー、パーキング・センサー、バック・カメラ、電動サンルーフ、4ゾーン・エアコン、ホイール・マウントのシフト・パドルなどだ。この標準的なモデルでの価格は£83,495(1,315万円)と、ライバルよりもかなりお得感がある設定。

しかし、オプションを加えるとたちまち価格は跳ねあがる。われわれはスポーツ・エグゾーストを含むダイナミック・パッケージ・プラスが装備されているモデルをテストした。このパッケージでは、エア・サスペンションを破棄されコンベンショナルなスプリングとダンパーが組み合わせられる。また、最高速度はリミッターが解除され304km/hとなり、カーボン・セラミック・ブレーキとダイナミック・ステアリング、そしてカーボンファイバー・スタリング・パッケージも装備される。しかし、その価格は£115,405(1,818万円)となるのだ。

さて、1990年代初頭から数えると60モデル以上のSおよびRSモデルがアウディには設定されてきた。最新のRS Q3を含めて、現時点では9つのモデルがラインナップに並んでいる。果たして、RS7スポーツバックは、RSバッジを付けるに相応しいクルマに仕上がっているのだろうか。

■どんな感じ?

その内部は典型的なA7だ。そして、最近アウディを購入したオーナーであれば、何のとまどいもなく接することができるもの。非常にゆったりとした足元および頭上のスペースを含み巨大なキャビン・スペースが存在する。しかし、背の大きな人にはリア・シートは若干ルーフについてしまうかもしれない。しかし、それ以外の人であれば、折りたたみ式のセンター・アームレストと、エアコンのコントロールで非常に快適に座ることができる。また、標準でRS7にはサポートも良く快適なヒーテド・スポーツ・シートが装備されている。その調整は無数とも言えるもので、電動調整式のステアリングと合わせて、最適なドライビング・ポジションを見つけることが可能となっている。

多くの人はアウディのナビゲーション・システムが直感に反していると感じるはずだ。時計回りにダイヤルをまわすと、画面が下方向ではなく上方向に動くのだ。そのことを除けば、インフォテーメント・システムは非常に使いやすい。標準装備のヘッドアップ・ディスプレイも読みやすいばかりでなく明るいもの。そのヘッドアップ・ディスプレイにはナビゲーションの方向が示されるから、目線を逸らさずにドライビングができる。

残念なのは、若干繊細さが感じられないことだ。プラスティック然とした内装はグレーという地味な色使いで、クオリティも少なくとも£80,000(1,260万円)するクルマに相応しいとは言えたものではない。

リアのトランク・スペースはリア・シートを畳むことによって535ℓとなる。トランクのヒンジの動き方や、電子リフティング・システムは高級感溢れるものである。

ドライブ・セレクト・システムは、ドライバーの好みにセッティングできる。コンフォート、オート、ダイナミックの3モードだが、それはエンジン、トランスミッション、サスペンション、ステアリングのセッティングの他、エグゾースト・サウンドやシートベルト・テンショナーも調整するというもの。

コンフォート・モードでは、乗り心地は確かに固いが、軽いステアリングと適切なスロットルおよびブレーキのレスポンスがあり疲れないドライビングが可能。もし、シートやステアリングを通した小刻みなバイブレーションでマッサージを受けたくなければこのモードがおすすめだ。凸凹の道ではロードノイズは大きいものの、高速巡行では洗練された静かなものになり、風切り音も非常に小さい。

ステアリングは正確で、進むべき方向に切ればしっかりとノーズは回頭するが、フォードバックはほとんどないに等しい。また、トルクベクタリング・スリップ・デフが、狙ったラインをトレースするのを非常に容易にしてくれる。

ダイナミック・モードになると、クルマは劇的に変化する。エンジン・レスポンスは反応が良くなり、エグゾースト・サウンドが大きくなる他、ロールやピッチが明らかに減少する。しかし、その乗り心地はひどく疲れたものとなる。激しいドライビングを望まないのであれば、耐え切れないだろう。

RS7のV8エンジンのレスポンスはヴィヴィッドだ。ダイナミック・モードではそのサウンドも良い。サウンドはより排気量の大きいAMGのようなバリトンだ。低速から力強く、ありあまる能力のあるエンジンだ。また、シリンダー・ストップ・システムも何事もなかったかのように静かに作動する。

8速のオートマティック・トランスミッションは、スポーツ・モードでもノーマル・モードでも非常に良い仕事をしてくれる。また、マニュアル・モードでリミッターまでエンジンを引っ張ることも可能。残念なのはシフト・アップとシフト・ダウンの反応が、デュアル・クラッチに比べると直感的でもなく、スピード自体も遅いことだった。

■「買い」か?

アウディRS7スポーツバックは、そのテクノロジーとスタビリティ・システムのおかげで、素早いコーナリングが楽しめるクルマだ。それでいて、ロング・ドライブも多くの荷物を積んだままスマートにこなしてしまう。しかし、ライバルに比べると、その快適性、特に乗り心地という点では遅れをとっているようだ。

かといって、ドライビングするのがつまらないクルマかといえばそうではなく、むしろ運転することに価値のあるクルマということができよう。

ただし、問題なのはその価格だ。オプションを多数装備した時の価格は、ポルシェ・パナメーラ・ターボと等しい価格となってしまうからだ。もし、このRS7スポーツバックを選ぶのであれば、標準仕様での購入をおすすめする。そうすれば、間違いなくお買い得なモデルとなろう。

(ルイス・キングストン)

アウディRS7スポーツバック4.0TFSIクアトロ

価格 £83,495(1,315万円)
最高速度 250km/h (280km/h、304km/h:オプション)
0-100km/h加速 3.9秒
燃費 10.2km/ℓ
CO2排出量 229g/km
乾燥重量 1995kg
エンジン V型8気筒3993ccツインターボ
最高出力 552bhp/5700-6600rpm
最大トルク 71.3kg-m/1750-5500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事