【シェアするクラシックカー】モーリス・エイトが広げるファンの若返り 後編

2020.09.19

サマリー

自動車評論家のジョン・プレスネル初めての愛車が、今回ご紹介するモーリス・エイト・シリーズE。今は英国モーリス・レジスターの所有車両です。クラシックカー・ファンの若返りを目指すべく、シェア活動が始まっています。

もくじ

最大の不安材料はブレーキ
返すのが悲しいほど大好きになった
いつか1台を見つけ、所有したい
扱いやすく、運転が楽しいモーリス
モーリス・エイト・シリーズE ツアラー(1938〜1941年)のスペック

最大の不安材料はブレーキ

text:Jon Pressnell(ジョン・プレスネル)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
モーリス・エイト・シリーズEを最初に借りた、デボラ・フライ。シートベルトがないことも不安材料だったが、一番大きな心配はブレーキだった。

4輪ともに油圧式ながら、現代の交通事情に合わないと感じたという。「気を使ったのは、ブレーキ。できるだけ先行車との車間距離を取るように、意識しました。直前にクルマが割り込んできて、ドキッとする瞬間もありました」

モーリス・エイト・シリーズE ツアラー(1938〜1941年)
モーリス・エイト・シリーズE ツアラー(1938〜1941年)

彼女はエイト・シリーズEを、クラシックカー・イベントにも持ち込んだ。借りている間に、1600km以上の距離を走ったという。「ただ自動車イベントに行くだけでなく、モーリスで向かい、色々な人と会うことが素晴らしい体験でした」

「地元の、チャリティ・イベントのようなものにも参加しました。イランからのテレビ取材も受けましたし、俳優のラリー・ラムの番組でも取り上げてもらいました。彼の最初のクルマが、古いモーリスだったようです」

「様々な年代の人と出会うことができた、素敵な夏でした。一番の思い出は、チェスターフィールドで開かれた1940年代マーケット。当時の服装で着飾って、4人で参加したんです」

「このクルマは沢山の人を笑顔にします。どこへ向かっても、ちょっとした話題になりました。レジスターのクラブマガジンにも、毎月記事を書きました」

 
最新試乗記

人気記事