【手作業の最高級】ベントレー・コンチネンタルGTに「マリナー」 3347万円〜 2021年第3四半期以降に納車

2020.10.20

サマリー

ベントレー・コンチネンタルGTに「マリナー」が加わりました。日本価格は3347〜3705万円。コンチネンタルGTとどう違うのかをまとめたほか、そもそも「マリナー」とは何かを再度お伝えします。

もくじ

コンチネンタルGTマリナー、4モデル
マリナーの内外装、主な識別ポイント
そもそもベントレー・マリナーとは?

コンチネンタルGTマリナー、4モデル

text:Taro Ueno(上野太朗)

ベントレーモーターズジャパンは、コンチネンタルGT「マリナー」の日本価格を発表した。

V8マリナー:3347万3000円
V8マリナーコンバーチブル:3583万8000円
マリナー:3443万円
マリナーコンバーチブル:3705万9000円
※いずれも10%消費税込み

ベントレー・コンチネンタルGTマリナー
ベントレー・コンチネンタルGTマリナー    ベントレー

日本へのデリバリーは2021年第3四半期以降を予定しているという。

マリナーの内外装、主な識別ポイント

新型コンチネンタルGTマリナークーペは、2020年9月のサロン・プリヴェでデビューした。

設計と製造を担当した「ベントレー・マリナー」は、ベントレーのビスポーク部門であり、世界最古の自動車用コーチビルダー。

ベントレー・コンチネンタルGTマリナーの内装。
ベントレー・コンチネンタルGTマリナーの内装。    ベントレー

コンチネンタルGTマリナーの内装は、88種類のウッドパネル仕上げからパーソナライズ可能。40万針のステッチが「最高品質のキャビンを提供」とベントレーはコメントする。

バー・ウォールナットのウッドパネルは、手作業でサンディングとポリッシュ仕上げをおこない、オーナーが選んだ色にあわせて塗装する。

外観は、ダブル・ダイヤモンド・フロントグリル、新しいデザインのマリナー22インチホイールデザインが主な識別点となる。

そもそもベントレー・マリナーとは?

ベントレーマリナーは、3つの部門を運営しており、それぞれが職人的な専門性を持っている。

ベントレー・マリナー・コーチビルド

デザイナー・チームと密接に協力して、ユニークなボディスタイル、異なる素材、特別にカスタマイズされたオプションを使って、クルマを製造/強化する。

ベントレー・マリナー・バカラル
ベントレー・マリナー・バカラル    ベントレー

ベントレー・マリナー・バカラルが第1号。他の新しいオーダーメイドベントレーもポートフォリオの一部となる予定だという。

ベントレー・マリナー・クラシック

スーパーチャージャー付き、4 1/2Lエンジンを搭載する1929年型チームブロワーを12台新たに手作業で製作した。

昨年1939年のベントレー・コーニッシュの修復も完了している。

ベントレー・マリナー・コレクション

新型コンチネンタルGTマリナーなど、ベントレーのコアモデルの中でも特にラグジュアリーな派生モデルを提供する。

現行の市販車のフルラインナップには、幅広いオプションが用意されている。

カラーマッチしたペイント、ハイド、スレッドの組み合わせから、機能コンテンツまで、現行の市販車のフルラインナップには、幅広いオプションを用意する。

 

人気記事