【限定250台】アウディ、A1シティカーバー・リミテッド・エディションを発売 価格は483万円

公開 : 2020.11.25 20:27

アウディは、A1スポーツバックがベースの250台限定モデルA1シティカーバー・リミテッド・エディションを2020年11月24日より発売しました。

もくじ

250台の限定モデル
様々なシーンに対応するデザイン
最低地上高を40mmアップし、オフロードルックのデザイン
インテリアはSラインインテリアプラスパッケージなどを標準装備
1.0L直列3気筒ターボエンジンは116psを発揮

250台の限定モデル

アウディ・ジャパンはコンパクトハッチバックのA1スポーツバックをベースとした限定モデルA1シティカーバー・リミテッド・エディションを2020年11月24日より全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売した。250台の限定モデル。

アウディ A1 citycarver limited edition
アウディ A1 citycarver limited edition    アウディ

様々なシーンに対応するデザイン

発売されたA1シティカーバー・リミテッド・エディションは、「都市や高速道路のみならず、アウトドアレジャー等、幅広い用途に対応できるモデル」という。

ベースとなるA1スポーツバックは、全長約4mのコンパクトなボディながら、広い室内空間を実現しアウディの先進技術をつめこんだコンパクトハッチバックモデル。

アウディ A1 citycarver limited edition
アウディ A1 citycarver limited edition    アウディ

A1スポーツバックのエクステリアは、幅広く低い位置に配したシングルフレームグリルによる力強いデザインを特徴とする。2019年にデビューした現行モデルは、先代よりホイールベースを95mm延伸したことで居住空間を大幅に拡大。

アウディの高剛性ボディと運動性能に加え、バーチャルコックピットやタッチディスプレイ、スマートフォンインターフェイスなどの最新デジタル技術と上級モデル譲りの運転支援システムを採用している。

最低地上高を40mmアップし、オフロードルックのデザイン

エクステリアはオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやオフロードルックのcitycarver専用デザインを採用。

コントラストルーフやブラックアピアランスパッケージ、専用17インチアルミホイールにより力強い印象となる。さらに最低地上高を40mmアップし、オフロードモデルのイメージを高める。

アウディ A1 citycarver limited edition
アウディ A1 citycarver limited edition    アウディ

エクステリアカラーは、ミサノレッドパールエフェクト、アローグレーパールエフェクト(写真)、パイソンイエローメタリックの3色が設定される。

インテリアはSラインインテリアプラスパッケージなどを標準装備

インテリアには、Sラインインテリアプラスパッケージやナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージ、センターアームレストをはじめ、運転支援システムのアシスタンスパッケージなどを標準で装備。

アウディ A1 citycarver limited edition
アウディ A1 citycarver limited edition    アウディ

1.0L直列3気筒ターボエンジンは116psを発揮

パワーユニットは最高出力116ps、最大トルク20.4kg-mを発揮する1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載。

乾式デュアルクラッチを備える7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、高出力と燃費を両立させる。FF車、右ハンドルの設定で価格は483万円。

アウディ A1 citycarver limited edition
アウディ A1 citycarver limited edition    アウディ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事