【新型フェアレディZ妄想ドライブ 中編】日産スカイライン400RとZ34ニスモに試乗 見えてきたZ35の方向性

公開 : 2020.12.06 05:45

日産の次期Z(Z35)。深堀りするため、現行車(Z34)と400ps級V6ターボ搭載のスカイライン400Rの2台比較を実施しました。

もくじ

フェアレディZ(Z35)を探る試乗
400R、スカイラインのイメージ刷新
400R試乗 Z35の方向性みえた?
Z34ニスモ乗り換え 単純な話ではない

フェアレディZ(Z35)を探る試乗

text:Kenji Momota(桃田健史)
text:Sho Tamura(田村 翔)

2020年11月上旬、日産グローバル本社(神奈川県横浜市西区)の地下駐車場。

「GT-R」「キックスeパワー」「ルークス」など、日産フルラインナップの中から、今回の試乗では「フェアレディZニスモ」(税込651万9700円)と、「スカイライン400R」(562万5400円)の2モデルをチョイスした。

日産スカイライン400R
日産スカイライン400R    田村 翔

試乗の目的はズバリ、次期フェアレディZ(Z35)の姿を体感的に想像することだ。

併せて、事業のV字回復を目論む日産における、日産ヘリテージの象徴である2モデルから、日産ハイパフォーマンス車の実力を再確認することだ。

先の記事(本稿の前編)で示した通り、日産がオフィシャル・ソーシャルメディアで動画「#フェアレディZプロトタイプに社長の内田が乗ってみた!」(英語:Nissan Z Proto CEO’s test drive)を公開した。

その中で、Z35開発を統括するチーフプロダクトスペシャリスト・田村宏志氏の言葉から、Z35のキーファクターは、V6ツインターボとプラットフォーム(車体)の2点であることが、改めてわかった。

そこで、現行Z(Z34)と、Z35搭載のV6ツインターボとして採用される可能性が高いVR30DDTT型(3リッターV6)の400ps級チューンドエンジンを搭載するスカイライン400Rを乗り比べることにした。

早速、走り出してみよう。

400R、スカイラインのイメージ刷新

まず、スカイライン400Rに乗る。

400Rという名前を意識し、さぞかし凄い走りをイメージする人が多いと思うが……。

日産スカイライン400Rはクルマ全体が、かっしり、きっちりしている。動き全体に、きつさがない。
日産スカイライン400Rはクルマ全体が、かっしり、きっちりしている。動き全体に、きつさがない。    田村 翔

走り出して感じるのは、エンジンの存在感よりも、車内の「静かさ」であり、思い通りに動いてくれる「自在感」だ。その上で、エンジンの「メカ感」をしっかりと味わえる。

みなとみらい地区から山手方向へと市街地を流しながら、ワクワクするような気持ちになった。

なにせ「狙い通りのところに、グッと進める」感じなのだ。

クルマ全体が、かっしり、きっちりしている。動き全体に、きつさがない。

筆者(桃田健史)は2000年代初頭、日本で不評だったV35スカイラインがインフィニティG35として北米上陸し、その後V36、現行のV37への流れをアメリカ現地で日産関係者らと意見交換しながら見守ってきた。

インフィニティとして、GやMがQへと統一される経緯も十分に承知している。

そうした中で、FR(後輪駆動車)用の車体であるFMプラットフォームの進化についてもその都度、日米各所で体感してきた。

2010年代入り、ジャーマン3(ダイムラー、BMW、VWグループ)はもとより、トヨタも次世代プラットフォームへの大転換が進む中、正直なところ、日産FMプラットフォームが時代遅れになっていくようにも感じていた……。

 

人気記事