【外装/内装は?】日産キックス・オーテックを発表 3/3より全国一斉発売 随所にオーテックらしさ

公開 : 2021.01.15 20:25  更新 : 2021.03.05 21:33

日産とオーテックジャパンは、2021年1月15日、日産キックスをベースとしたキックス・オーテックを新設定し、3月3日より全国一斉に発売すると発表しました。

オーテック・ブランド第7弾

日産と関連会社のオーテックジャパンは、2021年1月15日、日産キックスをベースとしたカスタムカー、キックス・オーテックを新設定し、日産の販売会社を通じて、2021年3月3日より全国一斉に発売すると発表した。

「オーテック」は、オーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感のあるスタイリングを特徴とするブランドで、「プレミアム・スポーティ」をコンセプトとする。オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラー。

日産キックス・オーテック
日産キックス・オーテック    日産

今回発売するキックス・オーテックは、セレナ、ノート、エクストレイルなどにつづくオーテック・ブランドの第7弾となる。

エクステリアは、低重心とワイドスタンスを印象づけるメタル調フィニッシュの専用パーツを車体下部に装備。フロントバンパーには、オーテック専用のブルーに輝くシグネチャーLEDを採用するとともに、その周囲には、オーテック・ブランド車共通の表現であるドットパターンのフィニッシャーを装着し、個性豊かなスタイルに仕上げた。

さらに、専用デザインのアルミホイールにはガンメタリックの塗装を施し、SUVならではの力強さを表現しつつ、プレミアム感のあるデザインとした。

インテリアは、シート地に柔らかな手触りで体に馴染むレザレットを採用すると同時に、海面の波の動きをモチーフにした模様を施した。また、ステアリングやシート、ドアトリムにブルーの素材を配し、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネートした。

さらに、インテリアの随所にオーテック・ブランドを象徴するブルーステッチを施すなど、ワンランク上の室内空間を演出する。

ボディカラーは、ダークブルーにピュアブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーをオーテック専用カラーとして設定。このほか、ブリリアントホワイトパールとピュアブラックの2トーンカラー、ブリリアントホワイトパール、ピュアブラックを用意し、全4色のカラーバリエーションとなる。

2WDのみの設定で、価格は311万4100円(ベース車グレードX)。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

日産 キックスの人気画像

×