【新モデルの登場はいつ?】英国版2021年新車カレンダー 勢いを取り戻せ 4~6月

公開 : 2021.01.23 06:05

シュコダ・オクタヴィア4×4

オクタヴィアのラインナップは相変わらず充実しており、今回は全輪駆動が新たに登場する。

スズキジムニー

スズキ・ジムニーは一度、帰らぬクルマとなった。痛々しいほどキュートなこのオフロード車は、排出ガス削減の必要性から英国とEUでの販売が中止されたが、現在は2人乗りの商用車として復活している。乗用車との違いは最小限に抑えられており、4輪駆動と1.5Lエンジンを搭載しているが、リアには863Lのラゲッジスペースがある。

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニー

トヨタランドクルーザー

長い間走り続けてきたランドクルーザーは、多くのアップデートを受け、新たに2.8Lディーゼルターボエンジンを搭載する。最近ハイラックスにも追加されたこのエンジンは、出力を176psから204psに、トルクを45.8kg-mから51kg-mに向上させている。また、グレード展開も見直され、エントリーモデルは4万2345ポンド(596万円)からとなる。

トヨタ・ランドクルーザー
トヨタ・ランドクルーザー

ヴォグゾール・モッカ

ヴォグゾールのコンパクトクロスオーバー、モッカは抜本的にスタイルを変更し、非常に興味深いルックスになっている。PSAグループのCMPプラットフォームが採用され、2種類のガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンを用意して、EVのモッカeとともに発売される。ガソリンモデルの価格は2万735ポンド(291万円)から。

ヴォグゾール・モッカ
ヴォグゾール・モッカ

5月

5月は14台が発売される。

アウディeトロンGT

最上位モデルのRSが最初に登場するeトロンGTは、アウディポルシェタイカンを作り直したものだ。両モデルはプラットフォームを共有し、プロトタイプの試乗では意外にも似たようなドライビング体験が明らかになった。655ps、約400kmの航続距離を持ち、2.3トンの車重に気付かせない走りを見せる恐るべき能力を備えている。

アウディeトロンGT
アウディeトロンGT

ベントレーベンテイガ・ハイブリッド

ベントレーで最も人気のあるベンテイガの魅力をさらに広げるため、プラグイン・ハイブリッド仕様ではコンチネンタルGTやフライングスパーと同様のデザインテーマを採用して再登場を果たす。

エンジンはベントレーに搭載されているものの中で最も小さい3.0Lだが、組み合わされる電気モーターとバッテリーは、2023年までにラインナップの電動化を目指す同社にとって必要な第一歩となるだろう。

ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド
ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド

ベントレー・フライングスパーPHEV

フライングスパーPHEVは、ポルシェ・パナメーラのハイブリッド・パワートレインを搭載することになっている。パナメーラ・ターボS Eハイブリッドの680psのパワートレインは、フライングスパーとの相性が良いようで、0-100km/h加速で3.4秒をたたき出す。

ベントレー・フライングスパー
ベントレー・フライングスパー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×