【新モデルの登場はいつ?】英国版2021年新車カレンダー 勢いを取り戻せ 4~6月

公開 : 2021.01.23 06:05

フォードS-マックス・ハイブリッド

2021年の新車リストにS-マックスが載っているのを見て驚くかもしれないが、これはタイプミスではない。フォードは、MPVにはまだ寿命があることを証明しようとしている。

S-マックス・ハイブリッドは、2.5Lのアトキンソンサイクルエンジンを48Vのモーターと組み合わせており、燃費の向上と、電気のみの走行を可能としている。これにより、空港のハイヤーの燃費が少しは良くなるはずだ。

フォードS-マックス
フォードS-マックス

ランボルギーニウラカンSTO

ランボルギーニ・ウラカン・スーパー・トロフェオ・オモロガータは、ナンバープレート付きのGT3レーサーで、最高出力はペルフォルマンテの640psに匹敵するが、重量は43kg軽く、駆動するホイールは後輪だけになっている。

約26万ポンド(3660万円)と決して安くはないが、英AUTOCAR編集部が最初に体験したプロトタイプでは、究極のウラカンになり得ることが分かった。つまり、本当にサーキット走行のために設計されているので、このクルマでスーパーに買い物に行こうと計画しているのであれば、慎重に考えた方がいいかもしれない。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニ・ウラカンSTO

ミニ・ハッチバック

ハッチバックのビジュアルはカントリーマンに近くなり、ミニ・エレクトリックに見られるデジタルメーターの採用や車載システムの改善が施される。

プジョー508 PSE

508 PSEは、プジョーで最もパワフルな市販モデルであるということだけでなく、新しい電動パフォーマンスブランドのバッジを冠した最初のモデルとなる。1.6Lガソリンターボと2基の電気モーターで構成されるシステムから360psを引き出し、0-100km/h加速は5.2秒、電気のみの走行距離は42kmとなる。

プジョー508 PSE
プジョー508 PSE

ポルシェ911 GT3

「感動こそがGT3を買う理由です。クルマを運転する楽しさです。それが最大の理由であることは間違いありません」

AUTOCARの言葉ではなく、GTシリーズの開発責任者アンドレアス・プレウニンガーの言葉だ。次の911 GT3をポルシェの最高傑作にすると同時に、自然吸気フラット6のパワーを引き出すのにふさわしいものにするために、エンジニアとしての重責を負っている。

ポルシェ911 GT3プロトタイプ
ポルシェ911 GT3プロトタイプ

プロトタイプに初めて乗ってみたところ、991と比べてサイズが微妙に大きくなったものの、ダイナミクスのペナルティは最小限に抑えられていることがわかった。これは重量が増えていないことと、ダウンフォースが50%増加したことによるものだ。

パワートレインの改良は小規模で、出力は991.2世代と比べて10%しか向上していないが、昨今の排出ガス規制や騒音規制の厳しさを考えると、このレース由来のエンジンが公道走行用にホモロゲーションされているという事実だけでも祝福すべきことなのだ。メルセデスAMG GTブラックシリーズがニュルブルクリンクのラップレコードの栄冠を手にするのは、まだ先のことかもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×