【新モデルの登場はいつ?】英国版2021年新車カレンダー 勢いを取り戻せ 4~6月

公開 : 2021.01.23 06:05

ヒュンダイ・バイヨン

ヒュンダイのSUVシリーズに新たに加わるエントリーモデル、バイヨンはコナの下に位置し、フォード・プーマやトヨタヤリスクロスに対抗するため、手頃な価格帯に設定される。足回りとパワートレインはハッチバックのi20と共通で、スタイリングはオフロード車にインスパイアされているという。

ヒュンダイ・バイヨン
ヒュンダイ・バイヨン

ヒュンダイ・アイオニック5

ジウジアーロにインスパイアされた「45」コンセプトをベースにした「5」は、ヒュンダイのEVファミリー「アイオニック」の先陣を切り、新しいE-GMPアーキテクチャーを採用する最初のモデルとなる。内燃機関車ベースのEVからの脱却を示すモデルで、800Vの充電能力を備えており、わずか18分で80%の充電が可能である。

ヒュンダイ45コンセプト
ヒュンダイ45コンセプト

ヒュンダイ・コナN

コナNは、パフォーマンスモデルとしてフォード・プーマSTに狙いを定めている。まだ明らかにされていないが、コナNは204psの4気筒ターボユニット、レブマッチング技術、オプションのリミテッド・スリップ・ディファレンシャル、シャシーの強化など、発売間近のホットハッチ「i20 N」と共通点が多いのではないかと予想される。

ヒュンダイ・コナN
ヒュンダイ・コナN

ロータス・エスプリ

ハイパーカーのエヴァイヤは、スタート地点に過ぎない。ロータスの将来の鍵を握る次なる一台は電動ハイパーカーで、まだ確実ではないが、「エスプリ」の名を使用する可能性もある。フェラーリのV6エンジンを搭載したスポーツカーで、エヴァイヤ風のスタイリングと軽量性を備え、全く新しいプラットフォームで開発されるだろう。

マセラティMC20

新型マセラティMC20は単なるスーパーカーではない。マセラティを率いるダビデ・グラッソは、「テンポを引き上げるものが必要」と語る。

「王冠の宝石、光るものが必要なのです」

マセラティMC20
マセラティMC20

MC20が非常に輝くモデルであることは間違いない。実物を見ればインスタグラマーが列をなすだろう。しかし、グラッソは、それ以上に期待すべきものがあるという。「これは、ブランドのルーツにさかのぼります。このモデルは道路を走るためにサーキットで生まれました」

事実上、MC20は、マセラティブランドを再起動させるために開発されたものであり、稀有な高級イタリアブランドの雰囲気に戻すためのものだ。その後、新型SUVグレカーレ、リフレッシュしたグラントゥーリズモとグランカブリオ、そして2022年には電動パワートレインを搭載したMC20が登場する予定だ。

今年は、MC20は630psと74.3kg-mを発生するV6エンジンを搭載し、18万7230ポンド(2655万円)で発売される。最高速度は325km/hを超える。ハンドリングとパフォーマンスがこのポテンシャルにマッチしていれば、輝く宝石以上のものとなるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×