【シャシーはポルシェと共同開発】シャオペンP7 スーパー・ロングレンジへ試乗 欧州で発売へ

公開 : 2021.02.03 10:25

ポルシェの協力を受け開発された、中国製純EVサルーンのP7。優れた航続距離に加え、テスラ水準の自律運転システムも搭載します。英国編集部が評価しました。

中国で存在感を示す純EVメーカー3社

text:Mark Andrews(マーク・アンドリュース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
数年前まで、電気自動車を製造しようという夢を持った新興企業は、中国に溢れるほどあった。しかし2021年を迎えるまでに淘汰され、存在感を示しているのはニオとシャオペン、リー・オートのの3社のみ。

販売台数だけでなく、北米での株式市場においても、中国を代表するEVメーカーとなっている。ニオは、EP9というスーパーカーでご存知の読者もいるだろう。

シャオペンP7 スーパー・ロングレンジ・プレミアム(中国仕様)
シャオペンP7 スーパー・ロングレンジ・プレミアム(中国仕様)

その後を追うのが、広州を拠点とするシャオペン。すでに中国を飛び出し、北欧のノルウエーでG3というクロスオーバーを販売している。

中国の純EVメーカー、ニオとシャオペンの企業時価総額は、それぞれ880億ドル(9兆1520億円)と370億ドル(3兆8480億円)にも達する。アメリカのビッグ3、GMの時価総額は780億ドル(8兆1120億円)だから、中国の新興メーカーへの期待は熱い。

今回試乗したサルーンのP7は、シャオペンとしては2番目の量産モデル。2020年6月から発売は始まっており、現地価格は3万5000ポンド(490万円)に相当する。

2021年2月には、ナビゲーション・ガイデッド・パイロット(NGP)と呼ばれる自律運転システムがアップデート。テスラのオート・パイロットに匹敵する性能を備えるという。

どこか冴えない雰囲気のあるクロスオーバーのG3と異なり、P7のスタイリングは洗練されたイタリア風。ボディサイズはBMW 5シリーズに近く、ミニマルなデザインのスポーツサルーンだ。

価格としてはテスラ・モデル3がライバル。だがサイズでいえば、モデルSが競合となる。

広々で質感が高く未来的なインテリア

P7のインテリアは未来的な雰囲気。モニターによるデジタル・メーターパネルと、15インチのインフォテインメント用センターモニターが、1枚のガラスで連続するようにレイアウトされる。

エアコンやナビなどクルマの機能の多くは、シャオペンのバーチャル・アシスタント、シャオPを介して音声操作できる。だが、今回の試乗車は英語をまだサポートできていなかった。

シャオペンP7 スーパー・ロングレンジ・プレミアム(中国仕様)
シャオペンP7 スーパー・ロングレンジ・プレミアム(中国仕様)

少なくとも筆者のつたない中国語でも、印象的なほどに良く理解していた。どんな音声操作を与えても、だいたい2.5秒位で実行してくれる。

インテリアパネルで手に触れる部分は、高品質な素材が用いられている。あまり触れないエリアは硬質なプラスティック製となるものの、価格を考えれば当然だろう。

ボディの見た目のシンプルさと調和するように、ダッシュボードもクリーンな造形。エアコンの送風口は、アイラインより下側にある。シートはレザー張り。助手席側も電動で調整が可能となる。

パノラミック・グラスルーフを装備しているが、リアシート側の頭上空間にも余裕がある。足元空間も広い。リアシートは3名掛けで、ちゃんと大人が3名座れる広さがある。ただしフロア中央が膨らんでいるから、真ん中に座った人は長時間快適とはいえない。

リア側の荷室容量は大きく、ボンネット内にも小さめの収納がある。リュック程度なら問題なく入る。

人気テーマ

おすすめ記事

 

試乗記の人気画像