【詳細データテスト】マクラーレンGT 融通の効くパワートレイン 鋭いハンドリング 遮音性が最大の弱点

公開 : 2021.02.06 20:25

意匠と技術 ★★★★★★★☆☆☆

軽量で剛性の高いカーボンファイバーのタブに過給V8をリアミドシップマウントするというレイアウトは、ほとんどの高級車メーカーが最新GTカーを製作するのとは異なる出発点だ。

その場合、どのようなことが起きるだろうか。運動性のアドバンテージはいかほどか。また、速く快適で長距離走行に向いた高級ドライバーズカーとして、アストン・マーティンやベントレーメルセデスAMGといったライバルと比べ、どれほどの違いを示せるだろうか。

コンポーネンツの多くを他モデルから流用しているが、ボディの長さと足回りの柔らかさは独特のもの。エンジンはピーク値よりレスポンスとフレキシビリティを優先した。
コンポーネンツの多くを他モデルから流用しているが、ボディの長さと足回りの柔らかさは独特のもの。エンジンはピーク値よりレスポンスとフレキシビリティを優先した。    OLGUN KORDAL

それらの検証は後に回すとしよう。まずいえるのは、この出発点が手持ちの技術を活用する以上は必然の結果だったということだ。

モノセルと呼ばれるカーボンシャシーと、アルミ部材を用いたダブルウィッシュボーンサスペンションは、いずれもスポーツシリーズから流用している。4.0Lエンジンと電動油圧パワーステアリングは、720Sで使用しているものがベースだ。とはいえ、いかに多くのコンポーネンツが他モデルとの共用品か知れば、驚きを禁じ得ないかもしれない。

マクラーレンの現行モデルにおいて、GTの全長は最大だ。4683mmという寸法は、720Sを140mmも上回る。ホイールベースは720Sや570Sより5mm長く、オーバーハングも長く取られている。

その狙いは、ほかのシリーズ以上の空力効率を達成することがひとつだが、よりエレガントで、アグレッシブさを抑えたルックスを描くことにもある。

エンジンはコードネームM840TEこと、4.0LツインターボV8のバリエーションだ。720Sより圧縮比を8%高め、小型化してイナーシャを減らし、レスポンスを高めたターボチャージャーを装着する。

そのため、ピーク値は620psと64.3kg-mに抑えられたが、最大トルクの95%をたったの3000rpmから引き出せる。そのアウトプットは、7速DCTとオープンデフを介し後輪へ伝送される。

スプリングはコイルで、ダブルバルブのアダプティブダンパーとスタンダードなスタビライザーを組み合わせる。サスペンションの制御ソフトは720Sと同じものだが、四輪リンク油圧システムは搭載されない。

ほかのモデルに比べスプリングは長くソフトで、最低地上高もより余裕を多く持たせている。オプションのノーズリフターを用いれば、サルーンと大差ない130mmまで引き上げることができ、市街地に多い段差などにも楽に対応できる。

この穏やかなスプリングレートで事足りるのは、現在の高級GTとしてはかなり軽い車両重量ゆえだとマクラーレンでは説明している。公称値は1530kg、テスト車は満タンでも1580kgにすぎなかった。

ライバルたちをみてみると、ポルシェ911ターボSは60kg重い。しかし、フェラーリ・ローマは軽量化オプションを組み込むと1600kgを切るので、軽さが強みだというマクラーレンの主張には疑問が残る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マクラーレンの人気画像

×