マクラーレン3台イッキ乗り マクラーレン750S/アルトゥーラ/GT 見えてくる其々のポジション

公開 : 2023.12.11 20:25  更新 : 2023.12.11 23:26

マクラーレン3台イッキ乗りが実現しました。アルトゥーラ/GTに加え、先月国際試乗会が行われたばかりの750Sも登場。高速を使った160キロほどのコースで、マクラーレンが与えたそれぞれのキャラクターを分析します。

まずはマクラーレンGT

マクラーレンの最新モデルである、750S/アルトゥーラ/GTの3台にまとめて試乗する貴重な機会を手に入れた。

これまでにもGTと720Sなどのように、2台までであれば比較試乗したことはあったが、現行ラインナップを3台まとめて乗ったのは今回が初めて。おかげで、それぞれのポジションが非常に明確になったので、ここでご報告しよう。

マクラーレン3台イッキ乗り 750S/アルトゥーラ/GT
マクラーレン3台イッキ乗り 750S/アルトゥーラ/GT    マクラーレン

試乗コースは広島空港を出発して尾道のベラビスタ・スパ&マリーナを目指した後、ここで折り返して広島市内に向かうというもの。合計で160kmほどと短いうえに高速道路中心のコースだったが、それでも3台のキャラクターを把握するには十分だった。

最初に試乗したのは「GT」

そのコンセプトがグランドツーリングということもあって、乗り始めた瞬間に足回りのしなやかさを感じた。とりわけ、コンフォート・モードを選んでおけば市街地の低速域でもタイヤからゴツゴツした印象が伝わってこなくて快適。

さらに高速道路に足を踏み入れれば、深いわだちで時おり進路を乱されることがあったものの、基本的な直進性が良好なうえ、ステアリングフィールは情報量は多くありながらも洗練されているので、長時間ドライブでも飽きることはないだろう。

くわえていえば、キャビン後方に搭載されたV8エンジンから緻密な回転フィールが伝わってくることも、ロングツーリングでは極上のBGMとなってくれるはずだ。マクラーレンらしく視界が良好なのはもちろんのこと、GTはラゲッジスペースも豊富なので、まさに「旅するスーパースポーツカー」と呼びたくなる1台である。

次はマクラーレン・アルトゥーラ

続いて試乗はV6ハイブリッド・スーパースポーツである「アルトゥーラ」

このモデルにも、これまで国内外で何度も試乗してきたが、市街地を走っているときにコツコツとしたショックを感じたのは今回が初めて。「ひょっとして、サーキット走行用のピレリPゼロ・トロフェオRを履いている?」

なんて疑ってしまったが、確認したところ、通常のPゼロが装着されていたので、謎は深まるばかり。いずれにせよ、硬さを感じたのはタイヤの踏面に起因すると思われる上下動の小さな範囲だけで、サスペンションが本格的に動き出す領域ではマクラーレンらしいしなやかさを感じたことを明記しておきたい。

マクラーレン3台イッキ乗り 750S/アルトゥーラ/GT
マクラーレン3台イッキ乗り 750S/アルトゥーラ/GT    マクラーレン

まずはEVモードで走り始めると、当然のことながらその静けさに圧倒される。これまでスーパースポーツカーで出かけたくても近所へのご迷惑を考えて朝晩は控えていた方々にとって、このノイズレスな世界は歓迎すべきものに違いない。

ただし、V6エンジンのサウンドは、やや音程が低めなうえにこもり気味。これも、以前試乗したアルトゥーラでは経験したことがないもので、意外だった。

いっぽうで動力性能は圧倒的で、どんなシーンでも物足りなさは皆無。とりわけ、電気モーターを活用したスロットルレスポンスの鋭さとシフトショックの小ささは、マクラーレンのなかでもアルトゥーラがベストといえる。

今回はタイヤの硬さとエグゾーストサウンドのこもり音がやや気になったものの、その軽快なハンドリングは市街地でも十分に堪能できるほか、以前、オートポリス・サーキットでGTと乗り比べた際には、初期のステアリングレスポンスが格段に素早く、爽快なコーナリングが楽しめたことを付け加えておきたい。

記事に関わった人々

  • 執筆

    大谷達也

    Tatsuya Otani

    1961年生まれ。大学で工学を学んだのち、順調に電機メーカーの研究所に勤務するも、明確に説明できない理由により、某月刊自動車雑誌の編集部員へと転身。そこで20年を過ごした後、またもや明確に説明できない理由により退職し、フリーランスとなる。それから早10数年、いまも路頭に迷わずに済んでいるのは、慈悲深い関係者の皆さまの思し召しであると感謝の毎日を過ごしている。
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事