【内外装一新】新型DS 4発表 シトロエン上級銘柄 ハッチバック/クロスオーバーの要素 PHEVも

公開 : 2021.02.04 18:05  更新 : 2021.07.27 14:51

新型DS 4が発表されました。ハッチバックとクロスオーバーの要素を兼ね備え、ライバルに対抗します。

幅広い車種との競合を目指す

text:Piers Ward(ピアーズ・ワード)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

新型DS 4が発表された。プレミアムなハッチバックであると同時にクロスオーバーSUVでもあるという、2つのカテゴリーにまたがってライバルに対抗する。

フランスのオートクチュールの伝統と最新技術を駆使して、DSは「4」がBMW 1シリーズやメルセデスGLAといった幅広い車種と競合することを期待している。

新型DS 4
新型DS 4    DS

この戦略の鍵を握るのはスタイリングだ。大胆なダブル・デイタイム・ランニングライトとマトリクスLEDヘッドライト(全車に標準装備)がフロントマスクを固め、サイドビューでは、独特のプレスラインと最大20インチのホイールが特徴的だ。

ルーフとテールゲートを寝かせることでクーペスタイルのラインを強調している。プレミアム感を高めるべく、ボディカラーはメタリック仕上げが標準となっている。

グレードとしてはDS 4、DS 4クロス、DS 4プレミアムラインの3種類を用意。クロスはルーフバーとブラックのボディクラッディングが特徴で、よりSUVらしく見えるようにデザインされている。

最上位のプレミアムラインではホイールが変わり、エクステリアにマットブラックのトリムが追加され、インテリアにはアルカンターラが施される。

レベル2の半自動運転、アクティブ・スキャン・サスペンション(DS 7クロスバックと同システム)、ナビゲーションの指示から再生中の曲まで表示されるヘッドアップ・ディスプレイを装備する。アクティブ・スキャン・サスペンションは、5mから25m前方の道路をスキャンし、必要に応じてサスペンションを硬くしたり柔らかくしたりする。ナイトビジョンも備わる。

欧州ではPHEVも導入

英国では、プラグイン・ハイブリッドとICE車の両方が導入される。ガソリンで3種類、ディーゼル1種類、PHEVで1種類の計5パターンで、トランスミッションはすべて8速AT。DSは、PHEVの販売比率が高いと予想している (DS 7クロスバックでは35%以上)。パフォーマンス数値はまだ出ていない。

PHEVは、トランクの床下に12.4kWhのバッテリーを搭載しており、電気のみでの航続距離は約48kmとなっている。バッテリーを搭載しているため、トランクスペースは390L(標準は430L)とやや小さくなっている。

新型DS 4
新型DS 4    DS

プラットフォームは、EMP2を改良したものを採用した。DSによると、EMP2プラットフォームの70%は、4に求められる要件に対応するよう改良されているという。特に、静粛性と衝突安全には細心の注意が払われている。

EV化も可能なプラットフォームだが、現段階ではEVの導入は未定とされている。

インテリアでは、ドライバーの精神的負担を軽減するために設計された「デジタル・シームレス・コックピット」が採用された。中央には2つのスクリーンがあり、センターコンソールのDSスマート・タッチで上部のタッチスクリーンをコントロールできる。タッチスクリーンには携帯電話を模倣するように設計された「DS Iris」と呼ばれるシステムを搭載する。

エアコンの風量と温度はタッチスクリーンから調整するが、ヒーターやベンチレーターの操作は物理コントロールで行う。上部タッチスクリーンの下にあるボタンで、デフロスター、デフォッガー、オン/オフ、クイック起動が可能。クイック起動は、外気温に応じて自動的に暖房と冷房をワンタッチで切り替えるものだ。

価格はまだ発表されていないが、DSは同カテゴリーで競争力のある設定になるとしている。予想としては、2万5000ポンド(358万円)程度になるのではないかと思われる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事