【際立つ独自性】マツダCX-5 2.5 AWDを英国試乗 小変更 非ハイブリッド 非タッチモニター

公開 : 2021.03.01 08:25

マツダらしい独自性を備えたミドルクラス・クロスオーバー、CX-5。フェイスリフトの内容も、マツダらしいと英国編集部は評価します。

英国仕様にも2.5LスカイアクティブGを採用

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最近ご紹介するモデル中期のフェイスリフト内容は、比較的似たものとなっている。特にボディの大きなSUVの場合は。

プラグイン・ハイブリッド(PHEV)を筆頭とした電動化技術の採用と、大型タッチモニターを備えたインテリアのアップデートが中心。見た目の変更は、概して大きくない。

マツダCX-5 2.5 AWD GTスポーツ・オート(英国仕様)
マツダCX-5 2.5 AWD GTスポーツ・オート(英国仕様)

一方で、一般的なSUVとは違う特徴を備えるマツダCX-5。シャープなスタイリングと、走りに振ったドライビング体験で際立つ存在といえる。モデル中期のフェイスリフトも、その他大勢のSUVとは違う内容となった。

何しろ、エンジンに電動化技術の新たな採用はなく、大きなタッチモニターも与えられていない。搭載されるユニットは、2.5Lの自然吸気4気筒ガソリン。インテリアにも変更を受けているが、ひと回り大きくなったモニターは、タッチタイプではない。

インフォテインメント・システムの操作は、ロータリー式のコントローラーで行う。今どき珍しい。

CX-5のアップデートは、現在主流のトレンドに影響を受けていないとしても、悪いことではないと思う。競合モデルが選ぶ変化とは違い、優れた部分はそのまま。独自性が薄れることもない。

気筒休止システムを搭載し燃費向上

英国仕様で特に注目したいのが、フラッグシップ・エンジンの導入。スカイアクティブGと呼ばれる193psの2.5Lガソリンだ。

英国へ最初に導入されたのは、マツダのフラッグシップ・サルーンとなる6。マイルドが付くハイブリッドすら採用しない、自動車業界の流れに逆行するようなユニットといえる。

マツダCX-5 2.5 AWD GTスポーツ・オート(英国仕様)
マツダCX-5 2.5 AWD GTスポーツ・オート(英国仕様)

2種類の出力設定が与えられたディーゼルのスカイアクティブDは、英国でもそのまま残る。前輪駆動の2.0LのスカイアクティブGも、継続される。

そのため、欧州ではマイルド・ハイブリッド版のCX-30だけでなく、純EV版のMX-30が重要な役割を果たす。CO2の平均排出量を減らすために。

電動化技術が載らないといっても、燃費効率を高める技術がないわけではない。低負荷時に2気筒へと切り替える気筒休止システムを採用。より現実環境に近いWLTP値での燃費は、12.5km/Lとなっている。

ハイブリッドのカタログ燃費と比較すれば、確かに良いとはいえない。英国では税制面でもメリットはない。しかし、通常の運転で実際に接近できる燃費ではある。

4気筒エンジンはアクセルペダルの操作へ爽快に反応し、軽くはないSUVを活発に走らせてくれる。駆動用の電気モーターはないから、発進時は無音というわけではないが、スカイアクティブGの心地いいノイズを楽しめる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マツダ CX-5の人気画像

×