【ネタバレ注意】シン・エヴァンゲリオン劇場版に2代目ジムニー登場? エヴァ協力会社に聞く

公開 : 2021.03.14 05:45  更新 : 2021.03.16 16:55

シン・エヴァンゲリオン劇場版が公開になりましたが、気になるクルマが……。作中のジムニーについて協力会社に取材しました。

もくじ

公開初日で興行収入8億円超
ジムニーのナンバー「1701」意味は?
2代目ジムニーの撮影取材は2012年に
これまでエヴァに登場してきたクルマ

公開初日で興行収入8億円超

text:Kumiko Kato(加藤久美子)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

庵野秀明監督による大ヒットアニメーション映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの完結編として度重なる延期の末ついに2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」

初日だけで興行収入は8億277万4200円(123.8%)、観客動員数53万9623人(121.7%)と驚異的な人気となっている。

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニー    加藤博人

ちなみに、()内の数字は2012年公開の前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と比較したものだ。前作は土曜日公開、今回は「密」を避けるなどの理由で異例の月曜日公開となったうえでの数字だ。

筆者も初日の朝7時からの回、および2日目も「再確認」のために劇場に足を運んだ。

なんの再確認か? それは、シン・エヴァに登場するクルマをもう1度よく見ておきたかったからだ。

エヴァンゲリオン・シリーズには、これまで趣味性の高いクルマが随所に登場してきた。

詳しい状況や登場シーンはネタバレ加速となるので伏せておくが、シン・エヴァには2代目ジムニーが登場している。

それもメーター部分に「バッテリー残量計」や「電圧計」らしきものがちらっとうつっていたので、EV仕様として登場している模様。

え? EV? と驚いてしまったが、その翌日、公開2日目にも確認のためもう1度映画館を訪れた。

たしかにベース車両のジムニーは2代目となる1981年発売のSJ30型だ。幌タイプのモデルになるが、荷台にはバッテリーが搭載してあった。EVとして登場していることは間違いなさそうだ。

ジムニーのナンバー「1701」意味は?

SJ30ジムニーにつけられたナンバーは「練馬40え17-01」。

エヴァのファンであればこの1701の数字の意味がわかるだろう。

スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニー    加藤博人

主人公である碇シンジのネルフIDカードと同じ番号で、さらにその由来は庵野監督が大ファンだというスタートレックシリーズ登場の「航宙艦エンタープライズ号」につけられた番号「NCC-1701」だといわれている。

なお、これまでエヴァ・シリーズに登場してきたクルマのナンバーは、「東2ネ33-103」(アルピーヌA310)や「NERV作1 1971」(コスモスポーツ)など、絶対実在しない記載内容だったのでいずれも一目で「架空」とわかるものだった。

なぜ今回、リアリティあるナンバーにしたのかは現在のところ不明である。

ちなみに、シン・エヴァのパンフレットにもこのジムニーの画像が掲載されており、そこでもナンバーをしっかり読むことができる。

このSJ30ジムニーはスズキが制作協力しているのか? と思ったがエンドロールにスズキの名前はなかった。

代わりに流れてきたのは、「アピオ株式会社」と「日本ジムニークラブ関西支部」の2つの名前だった。

ジムニーファンやオーナーにおいては、その名を知らない人はいないと思うが、アピオといえば世界一のジムニープロショップだ。

ジムニー神と崇められる尾上茂氏(現アピオ株式会社会長)が「尾上自動車」として1969年に設立したのが始まりである。

ちなみに、尾上氏は2018年に神奈川県藤沢市に「ジムニー歴史館」をオープンさせており圧巻のコレクションで歴代ジムニーを展示している。

関連テーマ

人気テーマ