【FRのホットクーペ】次期BMW M2 2022年英国発売 よりパワフルに、よりシャープに

公開 : 2021.06.08 07:45

高性能クーペであるBMW M2の次世代モデルは、パワフルな新型6気筒エンジンを積んで来年登場します。

もくじ

パワー、剛性、制御の改善
3.0L 直6は最高430ps以上を発揮か
スタイリングもよりスマートに
ビッグパワーを受け止めるボディ

パワー、剛性、制御の改善

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

関係者によると、第2世代のBMW M2は、2022年末までに英国市場に導入される予定で、好評を博している現行モデルよりもさらに強力なパフォーマンスと多用途性を備えているという。

M部門最小モデルであるM2の新型は、次期第3世代の2シリーズ・クーペをベースに、縦置きエンジンのラインナップの見直し、新しい8速AT、プラットフォームの更新、剛性を大幅に高めたボディ構造、より高度な電子アーキテクチャーなど、総合的に再設計されている。

以前目撃された新型M2のプロトタイプ
以前目撃された新型M2のプロトタイプ    AUTOCAR

この変更により、G87世代の新型M2は現行モデルに比べて、他のMモデルとのエンジニアリング上の結びつきが非常に強くなっている。M部門の関係者によると、新型M2はさらなる性能向上を実現するとともに、主要部品を共有することで優れたダイナミック性能を維持できるという。

ある関係者はAUTOCARに次のように語っている。

「よりパワフルに、より太いトルクを持ち、よりシャープになりました。純粋なドライバーズカーであることに変わりはありませんが、これまでよりも特性の幅が広がり、快適性とスポーツ性を両立しています」

3.0L 直6は最高430ps以上を発揮か

進化の軸となるのは、BMW MのS58エンジンだ。このツインターボの3.0L 6気筒エンジンは、X3 MやX4 Mのほか、最近では新型M3とM4にも採用された。2009年に導入された既存のN55エンジン(現行M2に搭載)に代わるものだ。

S58エンジンの主な特徴は、新設計のクランクケース、ロングストローク化、シリンダーヘッドの見直し、より効率的なインダクションシステムで、2基のモノスクロール・ターボチャージャーを採用している。また、S55と同様に、ガソリン・パティキュレート・フィルターも装備されている。

以前目撃された新型M2のプロトタイプ
以前目撃された新型M2のプロトタイプ    AUTOCAR

この新しい直列エンジンは、M2の7年のライフサイクルの間にユーロ7排出ガス規制に適合するように改良され、新型M3やM4のように2種類のチューニングが導入されるものと見られる(どちらもレッドラインは7200rpm)。

詳細は明らかにされていないが、M2の標準モデルは最高出力415ps、M2コンペティションの後継モデルは最高出力435psとなり、M3やM4の標準モデルとの差はわずか50psとなる見込みだ。

出力の向上に伴い、トルクも適度に向上するようだ。これも公式発表ではないが、BMW Mの関係者がAUTOCARに明かしたところによると、新型M2は現行のM2コンペティションやM2 CSよりも3kg-m多い、最大59kg-mを発揮する可能性があるとのことだ。

新型M2には、標準の6速MTと、ステアリングにシフト・パドルを備えたトルク・コンバータ式8速ATが採用される。後者は、M2には設定されていない現行の7速DCTに代わるものだ。

また、標準モデルとコンペティションモデルの両方に、電子制御式のMディファレンシャルを備えた後輪駆動が採用される。M3やM4では4輪駆動が採用されているが、M2ではxドライブの設定はない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事