【性能が求められる理由とは】最高のセーフティカー 20選 忘れてはいけない車両も

公開 : 2021.07.10 06:05  更新 : 2021.07.12 18:38

世界中のモータスポーツを影で支えるセーフティカー。最高のものから最低のものまで20台をご紹介します。

なぜ優れた車両が必要なのか

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

今やモータースポーツの世界では当たり前の光景となったセーフティカー。プロのレーシングカー・ドライバーが操縦し、レース中のアクシデントに対処するために、ドクターのほかにも医療キット、消火器、通信機器などを搭載することが多い。

また、セーフティーカーは、レース中に警告フラッグが出されている間、レース集団のペースをコントロールするためにも使用される。

アクシデント対応からペースコントロールまで、任務の幅は広い。
アクシデント対応からペースコントロールまで、任務の幅は広い。

ここでは、代表的なセーフティカーをアルファベット順に紹介し、最後になぜ優れたセーフティカーが重要なのかを説明する。

アルファ・ロメオ4C

アルファ・ロメオ4Cは、2014年FIA世界ツーリングカー選手権のセーフティカーとして採用され、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで開催されたモロッコ戦で初登場した。

その後、4Cはシリーズとともに世界を巡り、12のレースで使用された。

アルファ・ロメオ4C
アルファ・ロメオ4C

しかし、アルファロメオの4Cがセーフティとして使用されたのはこれが初めてではない。2013年には、スーパーバイク世界選手権のシルバーストーン戦でセーフティカーとして起用されたのだ。

このマシンは、ホワイトに赤と緑のストライプが入ったもので、イタリア国旗の色をイメージしている。

アウディR8

アウディのR8は、2007年にデビューしたドイツ製スポーツカーで、さまざまなレースでセーフティーカーとして人気を博してきた。

ドイツのDTMツーリングカー選手権で、ウォームアップやオープニングラップを行うレーシングカーの後を追いかけるセーフティカーとして登場したのが最初だった。アウディが用意した2台のマシンは、標準仕様にほとんど変更を加えず、ロールケージ、消火器、ルーフマウントライトを追加して、セーフティカー導入に備えた。

アウディR8
アウディR8

R8は、2007年にノリスリングでセーフティカーデビューを果たしたが、ドイツのADAC GTマスターシリーズやル・マンでも活躍している。

2016年のル・マン24時間レースの予選のレッドフラッグ中に発生したハプニングにより、セーフティカー・ドライバーのヤニック・ダルマスが世界的に有名になり、賞賛された。ダルマは、著しく濡れた路面でR8のスリップを防いだだけでなく、その後、完璧にコントロール下に戻したのだ。

BMW i8ロードスター

BMW i8ロードスターがフォーミュラEのセーフティーカーに採用されたのは、電動モデルであるという点で適切と言える。緊急支援の必要性が生じたときに、レースカーを追いかけることができるEVは他にはほとんどない。

このi8には特別な改造が施されており、FIA公認のセーフティカーとしては初のオープンキャビンとなっている。このオープンキャビンは、フロントガラスを切り落とし、頑丈なエアロスクリーンに交換することで実現した。

BMW i8ロードスター
BMW i8ロードスター

i8ロードスター・セーフティカーには、ダブルフープロールバー、リアスポイラー、サーキット走行用のタイヤを装着した専用ホイールなどが装備されている。フォーミュラEのレースでは、i8クーペと一緒に走行する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事