【スーパーワゴン対決】後編 制御に難ありのポルシェ 万人向けのアウディ 熱い走りのメルセデス

公開 : 2021.09.04 21:05  更新 : 2021.09.14 05:17

いずれ劣らぬ速さを発揮するスーパーワゴン3台ですが、ドライビングフィールの違いは明確。電動化でリードするポルシェはやや詰めが甘く、バランスがいいのはアウディでしたが、われわれは走りの楽しさでAMGを選びました。

冷静なアウディと情熱的なAMG

執筆:James Disdale(ジェイムズ・ディスデイル)
撮影:Luc Lacey(リュク・レイシー)

ペースを上げると、すぐさま自信を持って走らせられるようになるのはRS6だ。路面の荒れた田舎道を荒っぽく走らせても、このビッグなアウディは実際よりボディが小さく感じられる。その感覚は、RS6ではなくRS4に乗っているようで、かなり狭い道でもきっちりとライン取りができる。

ライバルたちと同じく、アウディも走行モードを数多く用意していて、そのどれもがステアリングホイール上のスイッチで、好みに応じて呼び出せる。

正確で運転しやすいRS6だが、無機的な印象がある。対して、走らせている実感と安心感をあわせ持つのがE63 S。加速性能はほぼ同等だ。
正確で運転しやすいRS6だが、無機的な印象がある。対して、走らせている実感と安心感をあわせ持つのがE63 S。加速性能はほぼ同等だ。    Luc Lacey

ダイナミックモードでは、エアスプリングとアダプティブダンパーが巌の如く動じないボディコントロールをみせ、4WDと4WSのシステムはもっとも強烈で俊敏なコーナリングと、そこから次のストレートへ向けた火を噴くようなダッシュを可能にする。

ガチマッチョなV8は、どの回転域からでもその恐るべき力を開放し、1450ポンド(約20.3万円)のオプションであるスポーツエグゾーストは朗々たる咆吼を放つ。

しかし、どことなくよそよそしく無機的で、ドライバーの狙い以上のことをするところもある。言ってしまえば、道を踏み荒らしてしまいそうで、道のりを楽しませるというより、一刻も早く目的地に着こうとしている感覚が強い。その感覚をより強くしているのがステアリングだ。クイックで正確だが、満足感をもたらすようなディテールはない。

E63 Sは、RS6ほどすぐに従順さを感じさせるものではない。その一因は、四輪操舵を装備していないことにある。そのため、クルマを狙った方向へ向けるのに、より大きな入力が必要になるのだ。ところが、そこに力を入れれば、このメルセデスはより大きな走らせ甲斐を味わわせてくれる。

重く、ザラ付きを感じさせるステアリングはアウディよりフィールがあり、どれくらいのグリップが使えるか確信できる。乗せられているというより、乗っている感覚のほうが強いのに、このうえなく落ち着きのあるクルマだ。

ポルシェのトランスミッションのように、セッティングのすばらしい4WDシステムは、後輪駆動のようなドライブフィールとアジャスト性がありながら、全輪駆動ならではの、唐突なサイドスリップを心配せずにスロットルを早く開けられる安心感も備えている。

加速力に関しては、このメルセデスとアウディに大きな差はない。0-100km/hはE63 Sが3.5秒、RS6が3.6秒だ。おそらく、AMGのほうが低回転域で力強く、ややハングリーに回りたがり、スロットルもシャープだが、どちらも、想像以上とまではいかないかもしれないまでも、期待通りの速さをみせる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×