【詳細/価格は?】日産GT-R 2022年モデル発表 特別仕様車2つの「Tスペック」も

公開 : 2021.09.15 06:05  更新 : 2021.09.15 20:11

GT-R 更なる進化

編集:AUTOCAR JAPAN編集部

日産は、2021年9月14日、「GT-R」2022年モデルと、特別仕様車「プレミアム・エディションTスペック」、「トラック・エディション・エンジニアド・バイ・ニスモTスペック」を発表した。同モデルは、10月下旬より販売を開始する。

「究極のドライビングプレジャーの追求」という信念のもと、プレミアム・スーパースポーツである「GT-R」は、「良いモノをより良くする」という、どこまでも理想を求めて深化を続ける日産の想いを体現したモデルと表現される。

日産GT-Rプレミアム・エディションTスペック (ボディカラー:ミレニアムジェイド)
日産GT-Rプレミアム・エディションTスペック (ボディカラー:ミレニアムジェイド)    日産

今回発表された2022年モデルには、更なる進化を遂げた特別仕様車の2つの「Tスペック」という究極の走りを追求したモデルを設定。

「Tスペック」という名称は、「時代を導くという哲学」であり、GT-Rの在り方や、その時代を牽引するクルマであり続けるという願いを表現した「トレンド・マーカー」と、「しっかりと地面を捉え駆動する車両」という開発におけるハードウェアへの考えを表した「トラクション・マーカー」から名付けたという。

「Tスペック」の両モデルには、専用カーボンセラミックブレーキ、カーボン製リアスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッヂ(フロント・リア)を特別装備。

加えて「プレミアム・エディションTスペック」には、専用の内装コーディネーションを施したほか、専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用することでバネ下質量の軽量化を生かして、サスペンションを専用にセッティング。

これにより、ホイールリム幅拡大によるタイヤの高剛性化と相まって、軽快でスムースなハンドリングを実現した。

また、走りのパフォーマンスを追求した「トラック・エディション・エンジニアド・バイ・ニスモTスペック」には、専用カーボン製ルーフ、カーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備。

カーボン製パーツの採用により、さらなる軽量化を実現したボディが生み出す圧倒的なパフォーマンスが魅力。

また、2つの「Tスペック」のボディカラーには、2色の新色である「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」を追加。

「ミッドナイトパープル」は、歴代のGT-Rに採用してきた色の進化版。

「ミレニアムジェイド」は、グリーンの色調を採用し、静かな中にも存在感のある「洗練された佇まい」を表現したという。

「Tスペック」は、両モデルあわせて100台限定(予定)の抽選販売。抽選の申込期間は、9月15日~9月29日まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×