【電動化のジレンマ】次期マツダMX-5(ロードスター) 最新エンジン技術採用の可能性 EV化は?

公開 : 2021.10.25 20:25  更新 : 2021.10.25 20:30

環境を気にせず乗れるクルマに

MX-5がスカイアクティブ-Xに対応するように一から設計し直された場合、スカイアクティブ-Gを引き続き採用するかどうかは疑わしい。そのため、次期MX-5では1つのエンジンをさまざまなチューニングで搭載することになるだろう。

しかし、エンスージアスト(クルマ好き)をターゲットにしていることから、マニュアル・トランスミッションは残ると思われる。

マツダMX-5(ロードスター)
マツダMX-5(ロードスター)

よりクリーンな燃料を使用する新技術を導入すれば、ガソリン車の寿命を延ばすことも可能だが、最新のスカイアクティブ-Xにはベルト駆動のマイルド・ハイブリッドシステムが搭載されており、電気モーターのような重量増を伴うことなく、CO2排出量をわずかに削減することができる。

マツダの常務執行役員でありデザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏は、MX-5の将来性についてAUTOCARに次のようなジレンマを抱えていると語っている。

「車両の軽さを維持するために最適なパワートレインを検討したいのですが、ニーズや好みが多様化しているため、さまざまな選択肢を検討する必要があります」

さらに、次期MX-5は、「環境に優しくないことを気にせずに所有できる」クルマでなければならないと述べている。

MX-5のような小型スポーツカーは、パッケージングに制約があり、なおかつ軽量であることが重視されるため、現在の技術では本格的な電動化はほとんど実現できていない。

生産時の排出ガスを最小限に抑えるために、EVには小型のバッテリーのみを使用するというマツダの理念に従ったとしても、現在のバッテリーセル技術を採用した「MX-5 EV」は、現行モデルよりもはるかに重いクルマになってしまう。MX-30は35.5kWhの小型バッテリーを搭載しているが、車重は現行のMX-5コンバーチブルよりも500kgほど重い。

スタイリングに関しては、3やCX-30、MX-30に影響を与えたビジョン・クーペ・コンセプトのデザイン要素を採用すると考えられる。シャープなLEDヘッドライトや新形状のフロントグリルが採用されるだろうが、MX-5の親しみやすさを変えないように、露骨にアグレッシブなデザインは避けることは間違いない。

また、インテリアにも改良が加えられ、最新のインフォテインメント・システム、デジタルメーター、洗練されたスイッチ類など、新時代のダッシュボードデザインが採用されるだろう。

このモデルの詳細については、近いうちに発表される見込みだ。なお、マツダは発売日を明らかにしていない。しかし、これまでのMX-5のライフサイクルを考えると、2024年頃に発売されると予想される。

ロータリーエンジン復活とPHEV

MX-30の航続距離は主流となっているEVの中でも非常に短い部類に入るが、BMWがi3で採用していたように、ガソリンエンジンを搭載してレンジエクステンダー(発電機)として使用することで、航続距離を伸ばそうとしている。

注目すべきはこのガソリンエンジンで、2012年に生産を終了したRX-8以来、市販車に採用されていないロータリーエンジンを復活させるのだ。マツダは、このレンジエクステンダー方式を来年初頭に欧州に導入する予定。

マツダMX-30
マツダMX-30

新型クロスオーバー車のCX-60と7人乗りSUVのCX-80には、従来のガソリン・電気のプラグイン・ハイブリッドシステムが搭載され、2024年までに欧州で発売されることが決定している。これは、戦略的パートナーであるトヨタRAV4 PHEVに採用されているシステムをベースにしたものと考えられる。

CX-60とCX-80には、欧州市場のマツダ車としては初めて、新型の直列6気筒ガソリンエンジンのスカイアクティブ-X(およびディーゼルのスカイアクティブ-D)が搭載される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

マツダ ロードスターの人気画像