【試乗】新型トヨタ・アクアG 先代との大きな違い 浮かぶトヨタの想い

公開 : 2021.10.28 19:05

新型トヨタ・アクアGに試乗しました。先代から大きく変わった点や、ディテールに現れるトヨタの想いを探ります。

「なんだか違う。けっこう違う」

あれ? なんだか違う。けっこう違う。

フルモデルチェンジした「アクア」に触れてまず感じたのは、パッケージングの変化だ。具体的にいえば、後席居住性である。

トヨタ・アクアG
トヨタ・アクアG

トヨタ・アクアの初代デビューは2011年12月。だから歴史としてはわずか10年しかないのだが、にもかかわらず知名度が抜群な理由がそのキャラクターにあるのは間違いない。

当時はまだハイブリッドカーが今ほど一般的ではなかったのだが、そのなかで「ハイブリッド専用のコンパクトカーで燃費は世界トップ。なのに価格は手が届きやすい」という立ち位置が多くの人に共感されたということだ。

デビュー翌年となる2012年の日本国内販売台数ランキング(軽自動車を除く乗用車)は2位、その後2013年から3年間は1位に君臨するなど、瞬く間に人気モデルへ。

世界規模でみると190万台弱がオーナーの手に渡っている。

そんなアクアだが、初代はいわば「燃費スペシャル」なクルマ作りだった。

世界最高の燃費を目標とし、そこへ向けた開発のために犠牲となった部分もいくつか存在。

その1つが後席居住性だ。高速燃費を向上させるために空力抵抗を徹底的に抑えるパッケージングとしたことで車体後方の天井が低くなり、後席が狭かったのだ。

後席居住性は後に登場した同じメカニズムを積むコンパクトカー「ヴイッツ」のハイブリッドモデルに劣っていた。

しかし新型アクアの後席は、そんな先代を受け継いだものではなかった。

大きく変わった新型アクアの足元

足元も頭上も広くなり、同じプラットフォームやパワートレインを使うコンパクトカーでヴィッツの後継車である「ヤリス」のハイブリッドモデルよりも居住性がいいのだ。

先代は「アクアよりもヴィッツのほうが後席は快適」だったのが、現行世代では「後席が快適なのはヤリスよりもアクア」と立場が入れ替わってしまった。

トヨタ・アクアの後席。「後席が快適なのはヤリスよりもアクア」と筆者。
トヨタ・アクアの後席。「後席が快適なのはヤリスよりもアクア」と筆者。

ただし、日産ノートホンダフィットの領域までは届いていない。

アクアを見る目はどうしてもヤリス・ハイブリッドとの違いという視点になってしまうが、運転環境も結構違う。

一般的なフロア設置シフトセレクトレバー&サイドレバー式パーキングブレーキのヤリスに対し、アクアはインパネに置いた電気式シフトセレクター&足踏み式パーキングブレーキと、より今どきなのだ。

ACCが渋滞停止保持機能付きだったり、パーキングアシストは駐車位置さえ指定すればシフト操作から停止までクルマがすべておこなってくれる(これは正確性とスピーディさ、そしてドライバーの操作がまったく必要ない全自動ぶりと3つの驚きがある)など先進的な運転アシスト機能もヤリスより高機能。

コンパクトカーながら技術水準が高いのだ。

ハイブリッドシステムはシステムの概念こそTHSIIを継承するが、「ダイナミックフォース」と呼ぶ新型エンジンをはじめとする構成ユニットは新設計。

「B」グレードを除き走行用バッテリーは「バイポーラ型ニッケル水素」という世界初のタイプを組み合わせている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    工藤貴宏

    Takahiro Kudo

    1976年生まれ。保育園に入る頃にはクルマが好きで、小学生で自動車雑誌を読み始める。大学の時のアルバイトをきっかけに自動車雑誌編集者となり、気が付けばフリーランスの自動車ライターに。はじめて買ったクルマはS13型のシルビア、もちろんターボでMT。妻に内緒でスポーツカーを購入する前科2犯。やっぱりバレてそのたびに反省するものの、反省が長く続かないのが悩み。
  • 撮影

    宮澤佳久

    Yoshihisa Miyazawa

    1963年生まれ。日大芸術学部写真学科を卒業後、スタジオ、個人写真家の助手を経て、1989年に独立。人物撮影を中心に、雑誌/広告/カタログ/ウェブ媒体などで撮影。大のクルマ好きでありながら、仕事柄、荷物が多く積める実用車ばかり乗り継いできた。遅咲きデビューの自動車専門誌。多様な被写体を撮ってきた経験を活かしつつ、老体に鞭を打ち日々奮闘中。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ アクアの人気画像