【安定感<楽しさ】新型三菱アウトランダーPHEV 「よく曲がるSUV」目指したワケ

公開 : 2021.10.28 18:05

三菱新型アウトランダーは運転が楽しい電動SUVに仕上がりました。操る楽しさを重視したワケを解説します。

SUVなのによく曲がる

最近のクルマの運転感覚は、全般的に個性が薄れているが、新型アウトランダーは個性的だ。

高重心のSUVなのに良く曲がる。

新型三菱アウトランダーPHEV
新型三菱アウトランダーPHEV    花村英典

サーキットでプロトタイプ(試作車)を試乗したが、カーブを曲がりながらアクセルペダルを踏み増しても、旋回軌跡をあまり拡大させない。

操舵角に応じて正確に曲がっていく。

その一方でサスペンションの動きは柔軟で、SUVらしく、ゆったりと伸縮する。

この2つの要素をあわせ持つため、新型アウトランダーがカーブを曲がるときには、ボディが比較的大きめに傾く。

そしてアクセルペダルを戻すと、最近のクルマとしては、後輪の横滑りを発生させやすい。

新型アウトランダーはカーブを曲がる性能が高く、旋回速度も上昇するから、挙動変化が拡大しやすい面もある。

横滑り防止装置が装着されているため、運転操作の難しい状態には陥りにくいが、安定性を重視する今のクルマづくりとは指向性が少し異なる。

新型アウトランダーは、攻めた印象の運転感覚に仕上げた。

ハンドリング 業績と相関?

新型アウトランダーの運転中に思い出したのは、2005年に発売された初代モデルだ。

これも良く曲がったが、後輪の横滑りを誘発させやすい性格だった。

新型三菱アウトランダーPHEV
新型三菱アウトランダーPHEV    三菱

後年、初代アウトランダーの運転感覚について開発者にたずねると、以下のように返答された。

「2005年頃の三菱は、業績を回復することに力を注いでいた。もともと三菱はSUVが得意なメーカーで、アウトランダーは業績回復に向けた主力商品に位置付けられたから、元気の良い走りを表現したい。そこで曲がる性能を強めすぎた面もあった」

クルマは移動のツールで運転する楽しさもあわせ持つから、業績やブランドを再構築するときは、良く曲がるスポーティな運転感覚を表現することが多い。

例えばマツダも20年ほど前に、業績回復のために運転の楽しいクルマづくりを目指す「Zoom-Zoomコンセプト」を打ち出した。

2002年には初代アテンザを発売しており、この運転感覚も、峠道などでは良く曲がる代わりにアクセルペダルを戻すと後輪の横滑りを誘発する面があった。

この点についてマツダの開発者は「当時はハンドルを切ると、クルマがスパッと反応して向きが変わる方が楽しいと考えていた。しかしこのようなセッティングでは、違和感が生じてしまう。今は正確な反応を重視している」と述べた。

機敏に反応する操舵感は、違和感が生じるだけでなく、状況によっては危険にも結び付く。

そのために今の操舵感は、後輪の安定性を重視するようになった。

アウトランダーも同様で、従来型の2代目では、初代と同じプラットフォームを使いながら後輪の接地性を高めた。

これに伴ってボディもゆったりと傾くようになり、後輪の接地性も高まったが、峠道などを走ると少し曲がりにくくなった。

2代目アウトランダーの開発者は「安全に扱いやすくするため、先代型とは設定を変えて、安定指向のハンドリングにした」と述べた。

新型アウトランダーでは、このハンドリングが過去の流れを踏まえた上で、再びスポーティな方向へ進化している。

開発者は「PHEVの四輪制御技術を駆使して、ドライバーが思いどおりに運転できるクルマづくりを目指した」という。

三菱のクルマづくりが、新しい段階に踏み込んだともいえるだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    渡辺陽一郎

    Yoichiro Watanabe

    1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年間務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様にケガをさせない、損をさせないこと」を重視して、ユーザーの立場から、問題提起のある執筆を心掛けている。買い得グレードを見極める執筆も多く、吉野屋などに入った時も、どのセットメニューが割安か、無意識に計算してしまう。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

三菱アウトランダー(3代目)最新情報の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

三菱の人気画像