新ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ発表 日産eパワーと勝負 「eスマート・ハイブリッド」の可能性

公開 : 2021.11.02 05:45

ダイハツの新ロッキー、トヨタの新ライズ発表。日産eパワーと勝負するシリーズハイブリッドの可能性を考察します。

新ロッキー/新ライズお披露目

ダイハツはホームページのティザーサイトで「2021年11月発売」と予告していた新ロッキーについて、11月1日にその詳細を公開した。

これに関連して、ダイハツとトヨタは共同で、新ロッキーおよび新ライズの報道陣向け商品説明会をオンラインで実施した。

ダイハツ・ロッキー(ハイブリッドモデル)
ダイハツ・ロッキー(ハイブリッドモデル)    ダイハツ

今回の「新」とは、新しいパワートレインが加わったことでのビックマイナーチェンジに相当する。

コンパクトSUVの新車選びをしているユーザーはもとより、競合他社や各社販売店にとっては極めて気になるマイナーチェンジだといえるだろう。

今回の商品改良は主に、エンジンなどパワートレインが中心となっている。

初代モデルでの直列3気筒1.0Lターボに加えて、新型1.2Lエンジン、さらにそれをベースにしたハイブリッド車という3つのラインナップとした。

中でも注目なのが、ダイハツがeスマート・ハイブリッドと呼ぶハイブリッド車の存在だ。

技術的にみれば、eスマート・ハイブリッドはエンジンを発電機として使うシリーズハイブリッドに属する。

シリーズハイブリッドといえば、日産eパワーがあり、ダイハツを含むトヨタグループとしては、近年のeパワー大躍進に対してこれからガチンコ勝負を挑む形となる。

それについては……。

違和感 ライバルはノート?

ここで、少し整理しておきたい。

eパワーの主役である日産ノートは、車格ではBセグメントなので、トヨタでいえばガチンコライバルはヤリスとなる。

日産ノート
日産ノート

対して、ロッキー/ライズはダイハツDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)というプラットフォーム(車体)を持つことから、「大きめのAセグメント」という解釈だ。

日産でのコンパクトSUVというと、キックス、またはノート・オーテッククロスオーバーが該当するが、車格でいえばこれらもロッキー/ライズとは違うといえる。

そのうえで、日産のeパワーでのモデル展開を考えれば、ダイハツの他の乗用車はもとより、さらにボディサイズが大きい、トヨタ車のアクア、ヤリス、ヤリス・クロスカローラ・クロス、シエンタ、そしてノア・ヴォクシーあたりまでは、1.2Lエンジンを発電機とするシリーズハイブリッドで十分な走行性能と優れた燃費が得られるのではないかと考えられる。

当然予測できたことだが、今回の会見でダイハツ関係者らは「将来の商品事業戦略については回答を控える」として、eスマート・ハイブリッドが今後、どのようなモデルへ展開していくのか、具体的なモデル名などについては触れなかった。

ただし……。

記事に関わった人々

  • 執筆

    桃田健史

    Kenji Momota

    過去40数年間の飛行機移動距離はざっと世界150周。量産車の企画/開発/実験/マーケティングなど様々な実務を経験。モータースポーツ領域でもアメリカを拠点に長年活動。昔は愛車のフルサイズピックトラックで1日1600㎞移動は当たり前だったが最近は長距離だと腰が痛く……。将来は80年代に取得した双発飛行機免許使って「空飛ぶクルマ」で移動?
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタの人気画像