アウディA8 L 60 TFSI 欧州向けV8ツインターボ版へ試乗 上位クラスに君臨 小変更

公開 : 2021.11.28 08:25

一新したメルセデスのSクラスへ対抗するべく、リフレッシュを受けたアウディA8。英国編集部が評価しました。

たくましく落ち着いた走り

執筆:Vicky Parrott(ヴィッキー・パロット)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
大きな変革期が訪れているが、まだ様々なサイズのスポーツカーが存在する。過剰なほどパワフルなものも。4.0LのV8ツインターボ・ガソリンエンジンを搭載したアウディA8も、そんなクルマに含まれるかもしれない。

ちなみにアウディA8では、3.0LのV6ガソリンターボも選べるし、3.0Lディーゼルターボも選べる。プラグイン・ハイブリッド(PHEV)もある。

アウディA8 L 60 TFSI クワトロ(欧州仕様)
アウディA8 L 60 TFSI クワトロ(欧州仕様)

試乗したのは、純EVの方が既に多く売れているノルウェー。とはいえ、メルセデス・ベンツSクラスBMW 7シリーズとの三つ巴の、V8エンジン競争はここでも繰り広げられている。

2017年に4代目が登場したA8は、モデル中期のリフレッシュとしてフェイスリフトを受けた。フロントグリルが大型化され、フロントバンパーの吸気口も広げられた点がわかりやすい変化。テールライトはOLEDの新デザインのものになっている。

トップグレードのフォアシュプルングでは、130万枚以上の小さなミラーが用いられた、デジタル・マトリックスLEDヘッドライトを採用。インフォテインメント・システムも、最新のソフトウエアへアップデートされている。

アウディA8に、たくましく落ち着いた走りを期待するなら、まさに正解。試乗車に搭載されていた4.0L V8ツインターボは最高出力459psを発揮するというが、英国市場ではS8にも搭載されるユニット。そこへ四輪駆動システムのクワトロが組まれている。

S8用の予測型エアサスのいい仕事

さらに英国仕様ではS8へ採用される、四輪操舵システムと、予測的に硬さが変化するプレディクティブ・エアサスペンションが試乗車には装備されていた。カメラ映像を解析して進行方向の路面状態を読み取り、最適な乗り心地に調整してくれるものだ。

速度抑止用のコブ、スピードバンプが近づけば柔らかくいなしてくれるし、コーナーではボディロールを抑えるように、アクティブ・アンチロールバーのような機能も果たす。前後方向の傾きも制御でき、ボディを水平に保ってくれる。

アウディA8 L 60 TFSI クワトロ(欧州仕様)
アウディA8 L 60 TFSI クワトロ(欧州仕様)

運転してみると、軽くないボディを支えるサスペンションは、良い仕事をしていた。だが、最新のSクラス並みの、感触が豊かで滑らかなステアリング・レスポンスまでは得られていないようだ。

もちろん、市街地の交差点でもペースの速いワインディングでも、自信を持って大型サルーンを操れる。感触は薄いものの、圧倒的な安定感も備えてはいる。

乗り心地も穏やか。路面のうねりや舗装の細かな乱れを通過しても、何事もなかったかのように車内は平穏。ドライブモードをダイナミックにした時の低速域では、流石に微妙な揺れは伝わってくるけれど。

このプレディクティブ・エアサスペンションを、英国ではアウディS8でしか選べないことが残念。通常のA8には、通常のアダプティブ・エアサスペンションが組まれる。期待通りの乗り心地にまでは至っていない、A8の弱点を解決できると思うのだが。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ヴィッキー・パロット

    Vicky Parrott

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像