新型ポルシェ・タイカンGTS 予約受注開始 海外では「スポーツツーリスモ」も発表

公開 : 2021.11.17 18:05

LAモーターショーでポルシェ・タイカンGTSが発表されました。新モデル「スポーツツーリスモ」もお披露目。

航続距離500kmの壁を破る

ポルシェは、EVのタイカンに新モデル「GTS」を導入すると発表した。また、タイカン・クロスツーリスモをベースとした「スポーツツーリスモ」という新モデルも登場している。

スポーツツーリスモは、クロスツーリスモの「日常的な実用性」を求める一方で、セダンのような「オンロードでのパフォーマンスを諦めたくない」というユーザーを対象としている。オフロード志向のボディクラッディングを取り除き、車高も下げられているが、1200Lのトランクと広いヘッドルームは維持されている。

ポルシェ・タイカンGTSおよびタイカン・スポーツツーリスモGTS
ポルシェ・タイカンGTSおよびタイカン・スポーツツーリスモGTS    ポルシェ

米国で開催されているLAモーターショーでは、スポーツツーリスモGTSが公開されている。GTSはタイカンのラインナップに新たに追加された仕様で、4Sとターボの間に位置する「スポーティなスイートスポット」とされている。

11月17日から予約受付を開始しているタイカンGTSの価格は1807万円(税込)。一方のスポーツツーリスモGTSの日本価格は確認されていないが、英国では10万4990ポンド(約1620万円)となっている。

4Sとターボの中間に「スイートスポット」

ローンチコントロールモードで最高出力598psを発揮するGTSは、0-100km/h加速を3.7秒で駆け抜け、最高速度250km/h、航続距離は最大504kmに達するという。

ポルシェの他のGTSモデルと同様に、ブラックのエクステリアトリムとRace-Texシートが特徴的で、アダプティブ・エアサスペンションの専用チューニングにより、ダイナミックなキャラクターを実現している。エレクトリックサウンドも表現がより豊かになっているとのこと。

ポルシェ・タイカンGTS
ポルシェ・タイカンGTS    ポルシェ

タイカンシリーズの担当副社長であるケビン・ギークは、新モデルについて次のように紹介している。

「タイカンのモデルレンジは、2019年のワールドプレミア以来、着実に成長しています。3つのボディバリエーションと最大5つのモーターオプションにより、誰もが楽しめるものとなっています」

「特に、伝説的なGTSの名称を持つタイカンも登場したことを嬉しく思います。このモデルは、タイカン4Sとタイカン・ターボの間に位置しており、シリーズにおけるスイートスポットとなっています」

さらなるラインナップ拡大については、公式には何も語られていない。911、718ケイマン、カイエンにはそれぞれGTモデルが用意されているが、タイカンに最も近い関係にあるパナメーラには、ターボSが用意されている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像