新型アウディQ5 eトロン 発表 中国限定の最新EVモデル 3列7人乗りレイアウト採用

公開 : 2021.11.24 18:05

アウディは中国専用EVとしてQ5 eトロンを発表しました。航続距離560kmを誇る電動SUVです。

3列シートで7人乗りが標準

アウディは、広州モーターショーで中国専用の新型EV、Q5 eトロンを発表した。

フォルクスワーゲン・グループのEV用プラットフォーム「MEB」を採用している。MEBは、フォルクスワーゲンやアウディをはじめとする各ブランドのEVモデルの基礎となっている。

アウディQ5 eトロン
アウディQ5 eトロン

Q5 eトロンは、SAICとフォルクスワーゲンの合弁会社で製造される。機械的にはフォルクスワーゲンID.6と同一だ。外観はQ4 eトロンとよく似ているが、実際にはボディが約30cm長くなっている。

この全長を活かし、リアに折りたたみ式の3列目シートを設置することで、中国市場に合わせて7人乗りを標準とした。中央のシートは、2席のキャプテンチェアに変更することができる。

最大航続距離は560km

性能面では、3つのバリエーションを用意。エントリーモデルの「35」は、176psのモーターと63.2kWhのバッテリーを搭載し、後輪を駆動。1回の充電で420kmの航続距離を実現している。

同じくシングルモーターの後輪駆動モデルである「40」は、最高出力200psのモーターと83.4kWhの大型バッテリーを搭載し、航続距離は560kmに達する。

アウディQ5 eトロン
アウディQ5 eトロン

一方、最上位モデルの「50」は、40と同じバッテリーを使用しつつデュアルモーターの全輪駆動方式を採用しており、最高出力301ps、航続距離520kmとなっている。

フォルクスワーゲン・グループと上海汽車との合弁会社であるSAIC-フォルクスワーゲンは1984年から自動車製造を行っており、今回のQ5 eトロンは中国限定EVとしては最新のモデルだ。

欧州など他の市場に導入する予定はないが、来年にはQ6 eトロンが登場する見込みだ。Q6 eトロンは、アウディとポルシェが共同開発した新型PPEプラットフォームを採用しており、次世代のポルシェ・マカンEVの兄弟車となる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像