もうイヤ! クルマの臭い・雑菌 車内環境を“簡単に”変えるグッズ 5選

公開 : 2022.01.08 15:25

愛車の車内、キレイにしてますか? 簡単に車内空間をリフレッシュするアイテム、5選をご紹介。2022年版です。

2022年版 クルマ時間を変えるアイテム

執筆/撮影:Hideaki Hamasaki(浜先秀彰)

新年を迎えて、今年の休暇の過ごし方や、ドライブの計画を立てている人も多いことだろう。

家族や仲間と長時間クルマの中で過ごすため、快適な環境づくりにも気を配りたいところだ。

噴霧式フレグランスディフューザー、カーメイト・ルーノ向け専用フレグランスオイルは8種類をラインナップする。
噴霧式フレグランスディフューザー、カーメイト・ルーノ向け専用フレグランスオイルは8種類をラインナップする。    浜先秀彰

そこで今回は「愛車の車内環境 “簡単に”変えるグッズ5選」を紹介しよう。

いずれも今シーズンにリリースされたばかりの注目アイテムだ。

噴霧式フレグランスディフューザー(カーメイト・ルーノL1005)

一般的なカーフレグランス(自動車用芳香剤)はダッシュボード上に置いたり、ルームミラーから吊るすなどして、自然に任せて香りを拡散するというスタイルだ。

しかしこの製品では、電動で香りを噴霧する独自の機構を搭載。

カーメイト・ルーノL1005(噴霧式フレグランスディフューザー)。純正ドリンクホルダーに納まる形状とサイズで、置き場所に迷わない。
カーメイト・ルーノL1005(噴霧式フレグランスディフューザー)。純正ドリンクホルダーに納まる形状とサイズで、置き場所に迷わない。    浜先秀彰

本製品は昨年リリースされた初代モデルをバージョンアップした第2世代モデルとなる。

噴霧式は使う時だけ香りを拡散することができ、香りの強さを好みに合わせて調整することが可能。効率に優れ、使い勝手がとても良いわけだ。

エンジン始動に連動してスイッチが入り、一定のインターバル(モードにより異なる)で専用フレグランスオイル(別売)の香りを噴霧する。

レベル1の「軽・コンパクトカー向け微香」から、レベル4の「モンスター級」まで4段階のモードを備えており、クルマや好みに合わせて設定が可能。しかも前回の設定モードをメモリーするため、毎回の設定操作は不要だ。

そして、別売の専用フレグランスオイルは、ナチュラル系の香り8種類がラインナップされ、ボトルを本体内にセットできる。

入れ替えが簡単なので、複数の香りを、その日の気分や同乗者に合わせて使い分けられるのも面白い。

どのくらいの期間、使える?

専用フレグランスオイルの容量は7ml。レベル1で1日1時間使用した場合、約20か月間も香りが持続するという、経済性も魅力。

カビが繁殖せず面倒な手入れが不要なネブライザー方式、従来比約5倍の耐久性を持つブラシレスモーターなどの採用によって長期間安心して使えるのも特徴だ。

レベル4に設定すると、噴霧している状態が肉眼でもよく見える。
レベル4に設定すると、噴霧している状態が肉眼でもよく見える。    浜先秀彰

本体は純正ドリンクホルダー(直径72mm以上)にぴたりと納まるコンパクトサイズで、電源はUSB電源から取得する(シガーライターソケット使用時は別途アダプターを用意)。

自宅やオフィスでも使用でき、消し忘れの心配がない2時間オートオフ機能も備えた。木目とマットブラックを組み合わせた上質感あふれるデザインは、さまざまなシーンにマッチするだろう。

なおラインナップには同形状(カラーは異なる)、同機能で、香水調フレグランスの「噴霧式フレグランスディフューザーII ブラング」も用意されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダ・アクセスの人気画像