新型 メルセデスAMG SLへ試乗 ドライバー・フォーカスの7代目 +2獲得 後編

公開 : 2022.01.15 08:26

メルセデスを象徴するSLが、ドライバー・フォーカスのモデルへ進化。その仕上がりを英国編集部が確かめました。

AMG謹製のV8エンジンの存在感

7代目メルセデスAMG SLのフロントシートの座面は低く、サイドサポートが高い。ヘッドレストが背もたれに一体化されたスポーティな造形だが、首元を温めてくれるエアスカーフ機能も付き、座り心地は良い。

ダッシュボードはレザー仕立て。メーターパネル側は12.3インチ、中央のインフォテインメント用は、角度を変えられる11.9インチのモニターが、前面の大部分を占める。主な車載機能は、対話での操作にも対応するMBUXシステムが制御する。

メルセデスAMG SL 63 4マティック+(北米仕様)
メルセデスAMG SL 63 4マティック+(北米仕様)

ステアリングホイールのスポーク部分には、タッチセンサー式のインターフェイスも付く。リムの形状は底辺がフラットだ。ヘッドアップ・ディスプレイも、オプションで実装できるようになった。

新型の目玉といえる、追加となった+2のリアシートは、あくまでも子供も向き。荷物置き場としても重宝しそうだ。車内の知覚品質は充分に高い。マルチレイヤーのソフトトップを開閉する操作は、少々面倒に感じられた。

SLを発進させてみると、AMG謹製のV8エンジンの存在感に笑顔がこぼれる。始動時からエグゾーストは激しいビートを鳴らし、スポーティなドライブモードを選択すると、メカニカルなエンジンノイズを堪能させてくれる。

SL 55も不足なく速いが、109psと10.2kg-mたくましいSL 63が、動力性能では明らかに上。シャープな変速が重なり、フルスロットルでは思わず目を見開くほどの加速力を体感できる。

新次元といえるドライバーとの一体感

9速ATのシフトアップは、デュアルクラッチATほど素早くないものの、見事にスムーズ。トラクションも、後輪駆動だったSLとは比較にならないほど高い。知的な四輪駆動システムが、確実にパワーを路面へ伝えてくれる。

よりドライバー・フォーカスのモデルを目指したというだけあって、動的能力も確実に磨かれた。自信を持って、SLの深遠な可能性を探ることができる。

メルセデスAMG SL 63 4マティック+(北米仕様)
メルセデスAMG SL 63 4マティック+(北米仕様)

多能なカブリオレとして、日常的に乗りやすいのはSL 55かもしれない。それでもレスポンシブでより速くうるさく、エキサイティングな運転に浸りたいなら、SL 63の優勢ぶりは明確。そのかわり燃費は6.5-7.0km/Lと、振るわないが。

ドライブモードをコンフォート寄りにすれば、上質なクルージングも謳歌できる。V8エンジンの豊かなトルクと、ロングなギア比とが融合し、高速道路での移動は極めて安楽。長距離でも心地よく過ごせる。

さらに、ドライバーとの一体感は新次元。最も大きな違いといっても良い。素晴らしく俊敏でバランスに長け、姿勢制御も優秀。AMGダイナミクスをマスター・モードにすると、コーナリング姿勢を自在に調整することも許してくれる。

確かにラグジュアリーで重たい、2+2のコンバーチブルではある。それでも、流暢な身のこなしと、操作への反応の良さはには唸らされる。

引き上げられたボディ剛性と低重心化、サスペンションと四輪操舵システムとのネットワーク化などが相乗。甘美な操縦性と動的能力を実現している。

記事に関わった人々

  • グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

新型 メルセデスAMG SLへ試乗 ドライバー・フォーカスの7代目 +2獲得の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデスAMGの人気画像