新型レンジローバー 高級の上の超高級 たった60台のSVセレニティ/SVイントレピッド 何が違う?

公開 : 2022.01.18 09:33

新型レンジローバーの発表と同時に、60台の特別仕様車「SVローンチ・エディション」を公開。SVセレニティ/SVイントレピッドに迫ります。

たったの60台 新型の限定モデル

ジャガーランドローバー・ジャパンは、新型レンジローバーを発表。

同時に、特別仕様車「レンジローバーSVローンチ・エディション」限定60台の存在を明らかにした。

レンジローバーSVローンチ・エディションとレンジローバー新型が同時に披露された。
レンジローバーSVローンチ・エディションとレンジローバー新型が同時に披露された。

レンジローバーSVローンチ・エディションとは、第5世代目となる新型レンジローバーのラインナップに「レンジローバーSV」が新たに加わったことを記念し、日本独自で企画した特別仕様車。

このモデルはジャガーおよびランドローバーのハイパフォーマンス・モデルの開発/製造やビスポークオーダーを請け負うスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)によって作られている。

「SVOは、究極のラグジュアリーとパーソナライゼーションを追求しています」という。つまり最上級モデルだ。

最上級モデルにふさわしい、「SV」専用のデザインディテールを内外装にちりばめている。

また手作業で磨き上げたセラミックの「SVラウンデル」ロゴをテールゲートにあしらっている。

SVセレニティ/SVイントレピッドの違い

「静けさや、落ち着き」を意味する「SV SERENITY(セレニティ)」。また「勇壮な、大胆な」を意味する「SV INTREPID(イントレピッド)」

上記の2種類のデザインテーマに合わせて、アイテムを特別装備している。

SVセレニティ

レンジローバーSVローンチ・エディションは合わせて60台の限定販売となる。
レンジローバーSVローンチ・エディションは合わせて60台の限定販売となる。

「SVセレニティ」は
・アイシーホワイト(SVビスポークカラー)
・ヴァレジネブルー(メタリックペイントの)
のボディカラーを用意。

インテリアカラーは、キャラウェイとペルリーノのコントラストを重視した2トーンを採用し、ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類から選べる。

広々としたLWBには4人乗り仕様のSVシグネチャースイートを装備し、ファーストクラスでの移動空間を提供する。

SVイントレピッド

「SVイントレピッド」のボディには
・サンライズカッパー
・フラックスシルバー
・リグリアンブラック
の3色のSV専用メタリックペイント(サテンフィニッシュ)を取りそろえる。

ランドローバー初となる新デザインの23インチアロイホイールも用意される。

インテリアは、ライトクラウドに、シンダーグレイのサステナブル素材の「ウルトラファブリック」を組み合わせ高級感と環境への配慮を両立しているという。

「SVイントレピッド」のボディタイプはSWBのみとなる。

記事に関わった人々

  • 撮影

    宮澤佳久

    Yoshihisa Miyazawa

    1963年生まれ。日大芸術学部写真学科を卒業後、スタジオ、個人写真家の助手を経て、1989年に独立。人物撮影を中心に、雑誌/広告/カタログ/ウェブ媒体などで撮影。大のクルマ好きでありながら、仕事柄、荷物が多く積める実用車ばかり乗り継いできた。遅咲きデビューの自動車専門誌。多様な被写体を撮ってきた経験を活かしつつ、老体に鞭を打ち日々奮闘中。
  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像