世界最強のSUV? アストン マーティンDBXに高性能モデル 2月1日公開予定

公開 : 2022.01.25 18:05

アストンは、DBXの高性能モデルを来週発表する予定です。新たなティーザー画像がSNSで公開されました。

AMGの4.0L V8で最高出力600ps以上?

アストン マーティンは、来週の公式公開に先立ち、DBXの派生モデルのティーザー画像を公開した。

2月1日に発表が予定されているこのモデルは、「世界で最もパワフルなラグジュアリーSUV」と表現され、DBXの高性能バーションとなる。

アストン マーティンDBXのティーザー画像
アストン マーティンDBXのティーザー画像    アストン マーティン

アストン マーティンは、標準のDBXよりどれだけ強力になるかをまだ明らかにしていないが、既存モデルが最高出力550psであることから、600ps以上になると期待されている。

可能性が高いシナリオの1つは、「DBX S」(アストンの伝統的な命名法に沿った車名)として、メルセデスAMG GT 63 Sと同じ仕様のツインターボ4.0L V8で約640psを引き出すことだ。

以前は、DB11やDBSの5.2L V12が搭載されると考えられていたが、最近目撃されたプロトタイプではそのような様子は見られず、公式の予告動画はV8特有のエンジン音をほのめかすものだった。

アストン マーティンは今回、「パワーがカタチになる。世界で最もパワフルなラグジュアリーSUV。2022年2月1日」という文言とともにSNSでティーザー画像を公開している。

豊富な「DBXファミリー」の構築

このモデルは、ライバルのポルシェカイエンで行っているような、DBXの包括的なファミリーモデルを構築するための一環として導入される予定だ。最近、中国市場向けに直6エンジンを搭載したマイルド・ハイブリッドモデルを発売したのに続き、7シーターやクーペなどのバリエーションが追加される見込みだ。

DBXの高性能モデルは、大幅なパワーアップに加え、シャシーの改良によってダイナミック性能を向上させ、標準モデルとは一線を画すだろう。ブレーキの大型化やサスペンション強化、高性能タイヤの装着などが考えられる。

以前目撃されたDBXのプロトタイプ
以前目撃されたDBXのプロトタイプ    AUTOCAR

また、長距離走行における快適性を重視した既存のDBXよりも、低いシートポジションとアグレッシブなボディパーツが採用されることは間違いないだろう。

DBXにアストンのV12が搭載される可能性は低いが、ヴァンテージの新モデル(V12ヴァンテージ)に搭載される。これも数か月以内に発表される予定である。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像