復活のランボルギーニ・カウンタック ついに公道デビュー 814馬力のハイブリッド・ハイパーカー

公開 : 2022.01.26 09:20

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4が初めて公道を走行しました。まもなく納車開始予定です。

約50年ぶりに復活したカウンタック

最近復活したランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4が、数か月後の納車開始に先立ち、初めて公道を走行した。

新型カウンタックは、ジュネーブ・モーターショーでの初代モデルのデビューから50周年を迎えた2021年、米カリフォルニア州のモントレー・カー・ウィークの中で発表された。

ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4
ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4    ランボルギーニ

112台のみの生産予定で、価格は200万ユーロ(約2億5700万円)からとなっており、その大半はすでに販売済みだという。

新型カウンタックは、縦置きリアマウントの自然吸気(Longitudinale Posteriore=LP)V12エンジンを搭載。このユニット単体で、アヴェンタドール・ウルティメと同じ780psを発生し、7速ATを介して4輪を駆動する。

これだけでも非常にパワフルだが、ここに48Vの電気モーターが組み合わされる。モーターは34psを発生し、総合出力は814psとなり、ウルティメを大きく引き離す。同じV12ハイブリッドのシアンFKP37をわずかに下回るパワーだ。トルクは明らかにされていないが、シアンの73kg-mに近いと予想される。

0-100km/h加速は2.8秒と、ウルティメよりも2秒速く、200km/hまでは8.6秒で到達する。最高速度は355km/hとされている。

ランボ最後のスーパーキャパシタ搭載車?

電気モーターには、同重量の従来型リチウムイオンバッテリーに比べて3倍の電力を供給できるというスーパーキャパシタを採用している。しかし、ランボルギーニがこの技術を市販車に採用するのは、このモデルが最後になるだろう。

アヴェンタドール、ウラカンウルスの後継モデルには、排出ガスを大幅に削減し、スーパーキャパシタでは実現できないEV走行を可能にする従来型のハイブリッドが搭載される予定だ。

ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4
ランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4    ランボルギーニ

ランボルギーニによれば、スーパーキャパシタは「電気モーターとホイールを直接接続する唯一のマイルド・ハイブリッド技術」であり、加速曲線を滑らかにしたり、ドライバーの判断で微妙にパワーを上げたり、低速での操縦性を高めたりするために使用されるという。

足回りはアヴェンタドールとシアンを進化させたものだが、デザインはすべて新しく、ランボルギーニが「1980年代の広告塔であり、自動車とライフスタイルのウルトラクールの象徴」と表現したオリジナルのカウンタックの特徴を大きく受け継いでいる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニの人気画像