新型アルピーヌ「GT X-Over」 プロトタイプ発見 2025年発売予定の電動クロスオーバー

公開 : 2022.03.23 06:45

アルピーヌの次期電動クロスオーバー「GT X-Over」のプロトタイプを発見。冬季テストを行っています。

ダチア・ダスターの改造ボディを載せた車両

アルピーヌが開発中の次期SUV「GT X-Over」が、テスト走行を行っている姿が目撃された。2025年に発売予定の電動クロスオーバー車である。

このプロトタイプはダチア・ダスターのボディを改造したもので、北欧で冬季テストを行っていた。まだ開発の初期段階にあるが、アルピーヌA110と並走している姿が確認できる。

アルピーヌGT X-Overのプロトタイプ
アルピーヌGT X-Overのプロトタイプ    AUTOCAR

GT X-Overに採用されているプラットフォームは、日産アリアルノーメガーヌEテック・エレクトリックと同じCMF-EVだ。

次期クロスオーバーの存在が明らかになったのは昨年で、その後1月に正式名称が発表された。シルエットスケッチではクーペ風のスタイリングが示されており、ポルシェ・マカンの電動化モデルやロータスの新型SUV「タイプ132」のように、性能重視のモデルとなることが伺える。

ハンドリングに優れた高性能クロスオーバーに?

GT X-Overは、ルノー・メガーヌEテック・エレクトリックの電気モーター(最高出力218ps)をフロントアクスルに搭載するが、リアには別のモーターを使用するようだ。ルノーの技術責任者、ジル・ルボルニュは、「リアには、大きなサプライズがありますよ」とほのめかしている。

アルピーヌはこの新型車について、「当ブランドのノウハウとグループが積んだEVの経験を、アルピーヌを特徴づけるスポーツカーの卓越性と融合させる」と述べており、軽量と独自のハンドリングの理念を踏襲すると思われる。

アルピーヌGT X-Overのプロトタイプ
アルピーヌGT X-Overのプロトタイプ    AUTOCAR

GT X-Overの生産は、2025年からノルマンディーのディエップ工場で行う予定だ。同工場は、1955年にアルピーヌを設立したルノー・ディーラーへのオマージュとして、今年初めにマニュファクチュール・アルピーヌ・ディエップ・ジャン・レデレと改名された。

アルピーヌは3台の新型EVを開発中で、 2024年には次期ルノー5の高性能バージョン、2026年にはA110の後継となる電動スポーツカーが発売される予定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アルピーヌの人気画像