航続距離1000kmの近未来 メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX 試作車へ試乗 後編

公開 : 2022.04.24 08:26

メルセデス最新の純EVサルーン・コンセプトへ英国編集部が同乗。クルマの近未来像を体験しました。

100kWhのバッテリーに190psのモーター

メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXXがベースとしているのは、独自に開発された後輪駆動用プラットフォーム。2024年以降の市販車に採用される、MMAプラットフォームの一部も取り入れられているという。

フロアパンに敷き詰められるリチウムイオン・バッテリーの容量は、約100kWh。重量は495kgもある。中国のCATL社製で、最新のCTPシリコン技術を導入し、システム電圧は900Vとのこと。

メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX プロトタイプ
メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX プロトタイプ

駆動用モーターは、ドイツと英国に拠点があるメルセデス・ベンツの技術部門によって開発された。リアアスクル側に搭載され、190psを発揮する。

ボディは低くタイトだが、4枚のドアは大きく開き、ビジョンEQXXへの乗り降りは簡単。サポート性は最小限ながら、クションの効いたシートの取り付け位置はかなり低い。フロアは完全なフラットだ。

シートに腰を下ろすと、スポーティな雰囲気を感じる。傾斜したフロントガラス越しの視界は良好。一方で後方視界はゼロだ。リアウインドウがあるべき位置に、ソーラーパネルが並んでいる。補機用の12Vバッテリーを充電するために。

ダッシュボードの取り付け位置は低く、幅1100mmもある8Kの大型モニターが広がる。メーターの表示に加えて、消費電力量などもリアルタイムで表示が可能だ。

マルチファンクション・ステアリングホイールを握ると、傾斜したフロントガラスの上部が頭上に迫る。それ以外、レザーで仕立てられたインテリアの印象は、かなり良い。

ワンオフながら感銘を受ける洗練性

だが、今回は運転が許されていない。実際にビジョンEQXXを走らせるのは、このプロジェクトでチーフエンジニアを務めた1人、フリーデマン・フラッシュ氏。フランス・ニースまでのテスト走行でも、ステアリングホイールを握った1人だ。

「とても運転しやすいと思います。効率を高めるのに、特別なドライビング・スタイルも必要ありません。ただし、最大の航続距離を得るには、かなり予測的に運転する必要はありますね」。と、フラッシュが話す。

メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX プロトタイプ
メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX プロトタイプ

筆者は助手席に座り、ニースの公道を進む。先進的なドライブトレインの滑らかさと、全体的な洗練度の高さに感銘を受けながら。

1台だけ作られるような、ワンオフの技術的なコンセプトカーで、ここまで高次元に完成されていることは珍しい。混雑した市街地にも、流れの良い幹線道路へも、まったく問題なく適応している。

高速道路へ入ったところで、フラッシュはタッチモニターに触れ、リアディフューザーを展開した。空力特性を良くするために。

運転しながら、彼は消費電力に目を配る。「100km当たり10kWhから15kWh(6.7-10.0km/kWh)の間が、スイートスポットです。できるだけ、それを保ちたいところです」。と教えてくれた。

回生ブレーキの効きは4段階が用意され、ステアリングホイールのパドルで切り替えられる。通常のビジョンEQXXは、アクセルペダルを緩めると急速に速度が落ちるようだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

航続距離1000kmの近未来 メルセデス・ベンツ・ビジョンEQXX 試作車へ試乗の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像