マセラティ、世界で1台の特別展示車「ギブリ・オペラネラ」販売 詳細/価格は?

公開 : 2022.05.09 14:25

マセラティ・ジャパンは、世界で1台の特別展示車「ギブリ・オペラネラ」を販売します。

世界で1台の特別展示車を販売

マセラティ・ジャパンは、2021年6月25日~7月11日にかけて表参道にて期間限定でオープンした「Maserati meets Fragment Pop-up Store」にて当時展示に使用された特別な1台「マセラティ・ギブリ・オペラネラ」を販売する。

黒を基調とした「ギブリ・オペラネラ」は、正反対の配色からなる「ギブリ・オペラビアンカ」とともに、日本のストリートカルチャーシーンを牽引してきた藤原ヒロシ氏とマセラティのコラボレーションによるマセラティカスタマイズ・プログラム「マセラティ・フォーリセリエ」を通じて誕生した。

マセラティ・ギブリ・オペラネラ
マセラティ・ギブリ・オペラネラ    マセラティ・ジャパン

2021年春にコラボレーションを発表後、全世界に先駆けて日本で披露するため、わずか2週間の展示のためにイタリア本社が特別に手掛けた「ギブリ・オペラネラ」には、1570万円(税込)のプライスがつけられた。

エクステリアカラーだけでなく、ホイールやドア・ハンドルなどの細部にまでブラックカラーへのこだわりが行き届き、インテリアはプレミアムレザーとアルカンターラのコンビネーションによって構成されている。

また、ステッチやヘッドレストのトライデントにはコントラストの効いたシルバーのインサートが施され、シートベルトにはダークブルーのアクセントも。

このほか、このモデルのためだけに特別にデザインされた専用グリル、およびロゴをあしらった象徴的なフロントグリルや、20インチのUranoマットブラックホイール、CピラーにはFragmentロゴの入った専用バッジが取り付けられており、完成度の高いエクステリアのデザインが圧倒的な存在感を放つ。

そして、マセラティのデザイン・アイコンともいえる3連のサイドエアダクトの下部には、「M157110519FRG」のコードが刻まれている。

最初の4文字(M157)はギブリの開発コード、次の6文字の数字(110519)は藤原ヒロシ氏とマセラティ・デザイン・センターが最初に出会った日(2019年11月5日)、そして最後の3文字(FRG)はフラグメントの頭文字を指し示すもの。

特別装備は?

ネロのソリッドカラー+マットブラックのバイカラー
専用グリル
20インチウラノマットブラックホイール
Cピラーのフラグメント・エンブレム
アルカンターラ/レザーシート素材(フラグメントロゴのエンボス)
ブルーシートベルト
専用ステッチ

マセラティ・ギブリ・オペラネラ
マセラティ・ギブリ・オペラネラ    マセラティ・ジャパン

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マセラティの人気画像