マツダRX-7(FD)タイプRS発売 トミカリミテッドヴィンテージNEO新製品

公開 : 2022.09.13 11:45  更新 : 2022.09.26 14:36

トミカ・リミテッド・ヴィンテージNEO新製品として、マツダRX-7(FD)タイプRSが発売されます。

RX-7タイプRSが登場

タカラトミーグループは、ミニカーブランド「トミカ・リミテッド・ヴィンテージNEO」の新製品として、マツダRX-7タイプRS(1999年式/ブラック・シルバー)を発売する。

発売時期は2023年3月。価格(税込)は3080円。

トミカリミテッドヴィンテージNEO新製品「マツダRX-7タイプRS(1999年式)」(1/64スケール)
トミカリミテッドヴィンテージNEO新製品「マツダRX-7タイプRS(1999年式)」(1/64スケール)    タカラトミーグループ

1991年秋に誕生した3代目RX-7(FD3S)型は、255psを発生させる13B-REW型ロータリーエンジンを搭載。卓越したハンドリング、美しいスタイリングは世界中から注目を集めた。

2002年に生産を終了するまでマイナーチェンジを重ねたが、とくに大きな変更が1999年1月の改良。

当時の日本車の上限であった280psに達したほか、新形状のフロントバンパーやリアウイング、足まわりセッティングの変更など、スポーツカーとして格段の進化を遂げた。

TLV-NEOでは、走りを追求したグレードとして登場したタイプRSの人気カラーであるブラックとシルバーの2種を製品化。

2002年8月に生産終了して20年、今もなお日本のスポーツカーの代表的車種として光り輝くFDは手に入れたい1台。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マツダ RX-7の人気画像