「GTI」は不滅? フォルクスワーゲン、高性能EVにも導入を示唆 GTXは廃止か

公開 : 2022.11.24 18:25

フォルクスワーゲンは、高性能モデルに与えられる「GTI」と「R」の名称について、今後のEVにも使用する可能性を示唆しました。親しみのあるブランドを電動化時代にも継承していく姿勢です。

親しみある名称 変えずに継承する姿勢

フォルクスワーゲンは、電動化を進める中で、高性能モデルにのみ与えられる「GTI」と「R」の名を引き続き使用し続ける可能性を示唆した。しかし、「GTX」は廃止される可能性があるという。ブランドCEOのトーマス・シェーファーへの取材で明らかになった。

GTXという名称は、従来のGTIやRに代わるEV向けのバッジとして新たに導入されたもの。現在、フォルクスワーゲンは電動SUVのID.4およびID.5の高性能モデルにGTXを設定している。

「GTI」と「R」は、高性能のスポーツモデルに使用され、親しまれてきた。
「GTI」と「R」は、高性能のスポーツモデルに使用され、親しまれてきた。

しかし、シェーファーCEOは、GTXのバッジが長期的に使用されることはなく、GTIとRが存続する可能性を示唆した。

「GTXというアイデアは、EVのためのものでした。将来的に必要になるかどうかは、そのうちわかるでしょう。もしかしたら必要ないかもしれません。しかし、GTIとRは必要なのです」

「強力なブランドを、より少ないコストで世に送り出さなければなりません」

シェーファーCEOは、長年にわたりゴルフやポロで親しまれてきたGTIについて、次のように語っている。

「GTIとゴルフは、いつも伝説的な存在でした。わたし達はそれを継承していきます。そのためには、実態を伴ったパフォーマンスが必要です。GTIを継承すべく、EVのパフォーマンスモデルを開発中です」

Rについては、全輪駆動のパフォーマンス・フラッグシップ用として残すとした。このことから、GTIは二輪駆動の高性能EVに、Rは四輪駆動のEVに使われる可能性がある。

GTIもRも、まだEVに採用されたことはない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マーク・ティショー

    Mark Tisshaw

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ゴルフの人気画像