ポルシェ911 ST カーボン多用の最軽量モデル、今夏デビューか 60周年記念特別仕様車

公開 : 2023.01.17 18:25

ポルシェ911の誕生60周年を記念して、ヘリテージシリーズ最新作「911 ST」の開発が進められています。GT3の4.0Lフラット6とカーボンファイバー製パーツを使用した最軽量モデルになるとされています。

992世代最軽量モデル? 911 ST開発中

ポルシェは、911の2024年モデル発表に先立ち、この夏にも少量生産シリーズ「ヘリテージ」の最新作をリリースする準備を進めている。

このモデルは、911の誕生60周年を記念して制作されるもので、既存のポルシェ911カレラTをベースに、911 GT3の自然吸気4.0Lフラット6エンジンを搭載する見込みだ。

欧州で目撃されたポルシェ「911 ST(仮称)」のプロトタイプ
欧州で目撃されたポルシェ「911 ST(仮称)」のプロトタイプ    AUTOCAR

ドアやルーフパネルなどに軽量なカーボンファイバーを採用することで、現在のヘリテージシリーズ最新モデルである911タルガ4Sヘリテージ・エディションよりも大幅に軽量化される可能性がある。

ポルシェの関係者によると、現行の992世代の中で最軽量とされ、1970年にレーシングカーに使用された「ST」の名称が与えられる予定だという。

新モデルの存在は公式には発表されておらず、発売時期など詳細は不明だ。しかし、911タルガ4Sヘリテージ・エディションと同様に、限定生産の特別仕様車となることは間違いないだろう。

一方、改良型の2024年モデルでは、911史上初の電動ドライブトレインが導入される予定だ。ポルシェが新たに開発したハイブリッドシステムは、電気のみでの無音走行ではなく、電気モーターでエンジンをアシストする電動ブースト機能が焦点となるだろう。

現段階では何も公式発表されていないが、電気モーターとリチウムイオンバッテリーによる重量増を相殺するために、911 GT2 RSでは最大760psの出力を検討していると言われている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像