新型ルノー・エスパス 今春発表予定 欧州初のミニバン、SUVに大変身

公開 : 2023.01.25 19:05  更新 : 2023.01.25 20:58

欧州初のミニバンとして知られるルノー・エスパスが今春、SUVとして生まれ変わることが明らかになりました。オーストラルの車体後部を延長した7人乗りモデルになると予想されています。

ハイブリッドの7人乗りSUVに?

ルノーが欧州で販売するミニバン、エスパスがSUVとして生まれ変わることが明らかになった。新型エスパスは今春に発表される予定だ。

日産エクストレイルやルノー・オーストラルと共通のCMF-CDプラットフォームを使用し、実質的にオーストラルのロング版になると予想される。以前、オーストラルをベースに車体後部を延長したプロトタイプが目撃されており、これが次期エスパスであったと考えられている。

ルノー・エスパスの予告画像。エンブレムの色からハイブリッド車になることが伺える。
ルノー・エスパスの予告画像。エンブレムの色からハイブリッド車になることが伺える。    ルノー

Cピラーより前はオーストラルと同じだが、リアエンドはトランクルームの拡大と3列シートのスペースを確保するため、オーバーハングが延長され、ウィンドウの傾斜も緩やかになっている。

新たに公開された予告画像では、新型エスパスのゴールドのエンブレムから、オーストラルと同じハイブリッドシステムの採用が予想される。1.2L 3気筒ターボと電気モーターを組み合わせ、仕様に応じて159psまたは200psを発生させるものだ。

オーストラルはこのパワートレインで、WLTP複合サイクルで燃費26.1km/l、CO2排出量105g/kmとされるが、より大きく重いエスパスでは若干劣ることになりそうだ。

ルノー・エスパスは、1983年11月の初代モデルの一般公開から、今年で40周年を迎える。初代エスパスは、7つの独立シートとフラットフロアを実現し、欧州初のミニバン(MPV)として知られる。

その後、4世代にわたって販売されたが、近年はクロスオーバーやSUVが定着してきたため、バンタイプの販売は低迷している。

ルノーの広報担当者はAUTOCARに対し、新型エスパスは英国では販売されないと明らかにした。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像