マクラーレンP1 vs ポルシェ918スパイダー

公開 : 2014.10.15 23:55  更新 : 2017.05.29 19:32

ただならぬ雰囲気を醸し出すマクラーレンP1とポルシェ918スパイダー。2台を隣同士に並べれば、なおさらだ。近寄ってみればV8エンジンの鼓動とともに、戦うクルマの熱気が筆者を包み込む。

2台合わせると最高出力は1825ps。最高速度は694km/hに及ぶ。2台が空気を劈いた後は、地面が揺れる。そして、うっとりとしてしまうような他を寄せ付けない際立った美しさがある。

ひとくちに美しいと言えど、2台は対極的なデザインから成っている。

P1の美しさは複雑な造形が根源となる。特に臀部の周辺は、大人さえも一飲みにしてしまうような、迫力がある。

それに比べると、ヴァイザッハ・パック(ライトウエイト版の意)を適合させたことを主張するサイドのボディワーク以外は、918のほうがシンプルなラインで構成されていることがわかる。こちらの方だって、ウイングやダクト、21インチの大径リア・ホイールがついてはいるのだけれど、P1を目の前にすれば ’激情’ という言葉は、いささか適切でないように感じられる。だれが見ても即座にポルシェだとわかるだろう。

2台のうちでは、P1の方が£866,000(1億4,910万円)と高価。これから先2年間で375台のみの生産をすると発表。台数の少なさゆえの価格でもある。対するポルシェはヴァイザッハ版で£700,000(1億1,961万円)をわずかに上回る程度。実際の価格はユーロ表示のみで正確には€853,155(1億1,627万円)となり、P1の台数の約2倍がこの先2年で組み立てられる予定だ。

両者は完全なるハイブリッド車。P1はツインターボ3.8ℓ V8とエレクトリック・モーターが合わせて916psと91.8kg-mを発揮、7速デュアルクラッチ・オートマティック・ギアボックスを介して後輪へと伝えられる。

一方の918は排気量が大きいが、P1のそれよりも情緒的キャラクターをもつ4.6ℓ V8を使用。P1よりも高回転まで許容し、さらに硬派な性格をもつ。駆動方式は4WD、P1よりも大きい2つのエレクトリック・モーターがフロントを、エンジンの方がリアタイアに鞭を入れる。

918の合計の出力は887psと130.5kg-m。P1の1450kgという車重に対して、918は1634kgと重くなっているけれど、トルク・トゥ・ウエイト・レシオが優れるおかげで918の方が0−100km/hタイムは短い。

P1同様918にも7速デュアルクラッチ・オートマティック・ギアボックスを採用し、トラクション増大のために賢いトルク・ベクトリング・システムを組み合わせた。このシステムはコーナー出口だけでなく、入り口にも介入する。918は後方にリミテッドスリップ・デフも組み合わされるが、P1にはなく、マクラーレン曰く、P1にLSDは必要ないとのこと。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事